SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソニーの動画投稿サービス「アイビオ」、ユーザーが歌っている歌の著作権使用料を全額負担

 ソニーとJASRACの契約締結によって、ソニーの動画投稿サービス「eyeVio:アイビオ」において、ユーザーはJASRACが管理している国内楽曲の中から、好きな楽曲を自ら歌唱・演奏した映像を投稿・共有できるようになった。

 アイビオは一般ユーザー向けの無料サービスだが、楽曲の二次利用に伴い発生する音楽著作権使用料金もすべてアイビオが負担。ユーザーは動画をアップロードする際に、楽曲名やアーチスト名を追加入力する以上の作業は発生せず、引き続き無料でサービスを受けることができるという。一般ユーザーからの動画アップロード受付の開始は2008年3月を予定している。

 アイビオでは今後、国内音楽レーベルが許諾した公式音源を利用したプロモーション企画や公式動画の配信も予定しており、ダンス(映像)コンテストや、音楽プロモーションビデオコンテストなども実施するとしている。

【関連リンク】
人気があるのはYouTubeやニコ動だけじゃない、ソニーの動画共有サービス「eyeVio」は画質で高評価
歌って踊れる「Rolly」は、ソニーのロボット技術から生まれた新しい音楽プレーヤー
ニコニコ動画、JASRACとの管理楽曲の利用許諾に向けた協議を開始
YouTube&ニコ動で1000000回再生!耳コピ演奏の達人「スタインウェイの人」松澤健さんインタビュー
「ニコニコ動画」で、2大新サービスよりも人気だったのは「時報CM」の初音ミクフィギュアだった?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング