SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ログリー、アドフラウドやアドベリフィケーションへの取り組みを強化 ネット広告の透明性と安全性の確保へ

 ログリーは、不正なボットによる無効トラフィックの排除、ブランド毀損につながる恐れのあるページへの広告配信の自動抑制など、アドフラウドやアドベリフィケーションへの取り組みを強化することを発表した。

 同社はこれまで、ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」においてブランドセーフティへの取り組みを行ってきた。そして今回、全世界的なアドフラウドに関する議論の高まりを受け、さらなるネット広告の透明性と安全性を担保する目的で、不正な広告表示やクリックの排除機能、ビューアビリティ機能についても強化を実施した。

 強化施策としては、「logly lift」においてビューアブルインプレッション測定を行い、広告がどれだけ閲覧可能な状態で表示されているかの可視化を実施。また、第三者の広告測定事業者によるビューアブルインプレッション測定にも対応し、不正ボットなどによるインプレッションの正確な検出、排除が可能となった。これにより広告主は「logly lift」上でビューアビリティの高い媒体枠への広告配信ができ、インプレッション・クリックの両面で実態に即した広告効果の獲得が可能になる。

 同社は今後も、ネット広告の透明性と安全性の確保のため機能強化を継続し、時代に即した広告配信に対応していく。

【関連記事】
ログリー、メディアサイトのファン増加支援する「Loyalfarm」をリリース
ネイティブ広告に特化したアドサーバ「logly lift for Publisher」がリニューアル
Fringe81とMomentum、デジタル広告の透明性向上狙い監査サービスをリリース
Facebook、広告指標とレポーティングの精度向上に関する取り組みを発表~測定ツールの開発など
DACの媒体社向け統合プラットフォーム、ヘッダー・ビディングに対応開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング