SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Oath Japan、Yahoo!アドエクスチェンジとの接続を開始

 デジタル広告プラットフォームを提供するOath Japanは7月24日、同社の広告配信プラットフォーム「ONE by AOL: Display」およびアドネットワーク「Advertising.com」とヤフーが提供する広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」と接続し、「Yahoo!アドパートナー」の広告枠への本格配信を開始したことを発表した。

 同接続によりOath Japanでは、「Yahoo!アドパートナー」の広告枠に対し、ONE by AOL: Displayを通じたOath Japan独自のオーディエンスデータを用いたターゲティング、およびAdvertising.comを通じたクリック課金型による配信が可能になる。

 昨今、クオリティ水準が一定ではない個人ブログや動画サイトといったユーザー投稿型コンテンツへの、広告主が意図しない出稿によるブランド毀損が問題視されており、媒体社編集や正規の編集者によって選別された安全なコンテンツへの配信に対する広告主のニーズが増加している。今回の連携により、ONE by AOL: DisplayやAdvertising.comを利用する広告主、代理店は、ヤフーが提供する信頼度の高い広告枠の利用が可能となり、ブランドセーフティの一層の強化を実現できる。

【関連記事】
AOLプラットフォームズ・ジャパン、「Oath Japan株式会社」へ社名を変更
広告主の70%がテレビ予算を削減、動画広告にシフト【AOLプラットフォームズ・ジャパン調査】
DSP「ONE by AOL: Video」、Teadsと連携しアウトストリーム在庫を強化
AdRollが「Yahoo!アドエクスチェンジ」と接続を開始 リーチを拡大
ヤフー、プログラマティック広告領域を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング