SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AbemaTV、2,000万DLを突破 オリジナル番組のヒットや専門チャンネルの多様化が起因

 AbemaTVが運営するインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、8月7日時点で累計2,000万ダウンロードを突破した。

 2016年4月に本開局した同サービスは、3ヵ月間で500万ダウンロード、約半年後の11月に1,000万ダウンロード、1周年を間近に控えた2017年3月には1,500万ダウンロードを突破するなど急速に利用者を伸ばしてきた。そして今回、開局から約1年4ヵ月で2,000万ダウンロードを突破した。

 「AbemaTV」では、「AbemaTV」でしか見ることのできないオリジナルの番組作りを積極的に行っており、4月より「AbemaGOLDEN 9(アベマゴールデンナイン)」と題して、豪華なタレントやアーティストをMCに迎えた7つのオリジナルレギュラー番組を毎日夜9時から放送している。

 更には5月7日には、ボクシング元世界チャンピオンである亀田興毅選手と一般公募で選ばれた4名の挑戦者が1,000万円をかけてボクシングで勝負するという企画の特別番組『亀田興毅に勝ったら1000万円』を5時間にわたり生放送し、開局以来の過去最高視聴数となる1,420万を記録。数多くのメディアでも取り上げられ、インターネット上でも大きな話題になるなど、「AbemaTV」オリジナル番組として象徴的なコンテンツとなった。

 このほかにも10代の若者をメインターゲットにした番組作りの強化や、「HIPHOPチャンネル」「将棋チャンネル」「K WORLDチャンネル」「SPORTSチャンネル」などお気に入りの趣味やジャンルに特化した番組を堪能できる専門チャンネルも続々と開設した。

 更に、4月から横浜DeNAベイスターズ主催の公式戦全71試合を生中継しているほか、早稲田実業学校高等部の主将・清宮選手の活躍で注目された高校野球やプロ野球の「オールスターゲーム」など、様々なスポーツコンテンツの中継も積極的に行ってきた。

 今後同社はコンテンツや機能拡充を強化するともに、豪華俳優陣および制作スタッフによるオリジナルドラマの制作など、同サービスならではの番組作りを接触的に行っていく。

【関連記事】
動画広告が印象に残りやすい場所とは?【マクロミル、デジタルインファクト共同調査】
最短1分でニュース動画が作れる!メディア向け動画作成ツール「RICHIKA」がリリース
地方創生に繋がるPR動画を提供する プラスディーとCandee、動画制作領域において業務提携
スマホ向け縦型動画アドネットワーク「LODEO」、再編集せず縦型動画の配信可能に
CyberZ、スマホ動画広告の制作に特化した組織を新設 動画サーバーシステム「Zinnia」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/09 08:30 https://markezine.jp/article/detail/26926

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング