SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、ライブ中継画面を共有しながらトークできる「チャットライブ」機能を公開 エフェクト付けも可能

 コミュニケーションアプリ「LINE」の最新版(バージョン7.9.0)において、トークルーム内でライブ中継ができる「チャットライブ」機能の提供が始まった。「チャットライブ」機能は、グループトークや複数人トークに参加しているメンバーのライブ中継をシェアできる機能。最大200名のメンバーとライブ中継画面を共有しながらトークすることができるようになった。

 ライブ中継はトークルーム上部の「電話」アイコンを選択し、「LIVE」ボタンをタップすることで開始できる。画面サイズは上段での再生のほか、フルスクリーンや画面の1/8のサイズ等、好みのサイズから選択することが可能。友人とスポーツの試合をライブ中継しながらトークを楽しんだり、子どもの様子を祖父母にリアルタイムで伝えながらトークをしたりといった場面を想定している。

 また、今回のアップデートにより、トークルーム内のカメラ機能に、LINEのカメラアプリ「B612」や「Foodie」に実装されている顔認識によるフィルターやエフェクト機能が追加された。トーク中に他のカメラアプリを起動することなく、フィルターやエフェクトを使い、肌をきれいに補正したり、楽しく加工したりしながら写真・動画を撮影することができるようになった。なお、フィルターやエフェクトは、「チャットライブ」機能でのライブ中継時にも使用可能となる。

 さらに、撮影時の画面サイズは[1:1][3:4][9:16]の3種類の中から好みのサイズを選択できるようになったほか、動画編集時は、切り取り機能やミュート機能を用いて動画を短くして、音声の削除を簡単に行えるなど、撮影・編集の機能も強化された。

 加えて、撮影・編集機能の他に、「LINE」アプリ内で動画やYouTubeの再生画面を縮小表示し、動画を楽しみながら「LINE」上でトークをすることができる機能も追加された。本機能はiPhone版のみ先行公開で、Android版の追加時期は検討中だという。

【関連記事】
LINEから出前が頼める!新サービス「LINEデリマ」登場
女子高生、LINEをどう使ってる?LINEがWeb動画「JKのLINEあるある」を公開
「LINE Ads Platform」、フリークエンシーのコントロールとブランドリフト調査可能に
LINEとKudanが業務提携~カメラアプリ「B612」のAR機能強化へ
VAZとCandee、動画メディア領域で業務提携 LINE LIVEで配信をスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/17 10:00 https://markezine.jp/article/detail/26938

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング