MarkeZine(マーケジン)

記事種別

チャットコンシェルサービス「ShowTalk」がAIによる回答候補サポート機能を実装

2017/08/28 11:20

 リゲインは、AIで営業支援を行うチャットボットシステム「ShowTALK+ASSIST(ショートーク・プラス・アシスト)」を提供開始した。顧客への回答時間が短縮できるため獲得率(CVR)が向上し、オペレータの育成時間も短縮されるという。

 リゲインは、AIで営業支援を行うチャットボットシステム「ShowTALK+ASSIST(ショートーク・プラス・アシスト)」を提供開始した。

 「ShowTALK+ASSIST」は、サービスや製品の購入・導入を検討しているWEBサイト訪問者の質問にオペレータが回答する際、AIが最適な回答候補をアシストするサービス。これにより顧客への回答時間が短縮できるため獲得率(CVR)が向上し、オペレータの育成時間も短縮されるという。AIにはリゲインが約4年間蓄積したデータを活用する。

 リゲインによると、テスト導入では1回の返信にかかる時間が25秒削減し、それにともないオペレータの対応数が増えたため獲得数(CVR)が110%向上した。さらに、新人オペレータでも経験半年程度のオペレータと同程度の成果が挙がったとしている。

【関連記事】
LINE、ライブ中継画面を共有しながらトークできる「チャットライブ」機能を公開
ケイ・オプティコム、「IBM Watson」を活用したチャットボットサポートを導入
ジャストシステム、消費者インサイトを探るチャット式インタビューサービス「Sprint」をリリース
ラクス、Webチャットツール「Chat Dealer」をリリース メールとチャットの履歴を一括管理
サイバーエージェントのチャットボット、選択肢を選んで会話する「シナリオ型応対」に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5