SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

チャットコンシェルサービス「ShowTalk」がAIによる回答候補サポート機能を実装

 リゲインは、AIで営業支援を行うチャットボットシステム「ShowTALK+ASSIST(ショートーク・プラス・アシスト)」を提供開始した。

 「ShowTALK+ASSIST」は、サービスや製品の購入・導入を検討しているWEBサイト訪問者の質問にオペレータが回答する際、AIが最適な回答候補をアシストするサービス。これにより顧客への回答時間が短縮できるため獲得率(CVR)が向上し、オペレータの育成時間も短縮されるという。AIにはリゲインが約4年間蓄積したデータを活用する。

 リゲインによると、テスト導入では1回の返信にかかる時間が25秒削減し、それにともないオペレータの対応数が増えたため獲得数(CVR)が110%向上した。さらに、新人オペレータでも経験半年程度のオペレータと同程度の成果が挙がったとしている。

【関連記事】
LINE、ライブ中継画面を共有しながらトークできる「チャットライブ」機能を公開
ケイ・オプティコム、「IBM Watson」を活用したチャットボットサポートを導入
ジャストシステム、消費者インサイトを探るチャット式インタビューサービス「Sprint」をリリース
ラクス、Webチャットツール「Chat Dealer」をリリース メールとチャットの履歴を一括管理
サイバーエージェントのチャットボット、選択肢を選んで会話する「シナリオ型応対」に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/28 11:20 https://markezine.jp/article/detail/26981

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング