SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

C Channelの動画制作ノウハウと「Ameba」のリーチ力活かした動画広告商品がリリース

 女性向け動画ファッションマガジン「C CHANNEL」を運営するC Channelは、「Ameba」を運営するサイバーエージェントと共同で、スマートフォン向けの動画広告の提供を開始した。

 同広告商品は、オリジナル動画コンテンツの制作からターゲットユーザーへの効率的な配信、レポーティングまでをワンストップで提供する。C Channelの持つスマートフォン視聴に最適化した短尺動画制作に関する独自のノウハウと「Abema」の20代から30代女性への圧倒的なリーチ力を掛け合わせた広告商品となっている。

 キャスティングにおいては、タレントやモデル、ソーシャルメディアで活躍するインフルエンサーなど、両メディアにおける女性インフルエンサーのうち、「C CHANNEL」で人気のクリッパーや高い専門性を持つ公認クリッパーなどの起用のほか、広告主のプロモーション目的に応じた最適な提案を行う。さらに、「Ameba」で培ったオフィシャルブロガーのネットワークやサイバーエージェントグループにおけるインフルエンサーネットワークを活用することができる。

【関連記事】
動画マーケティングの成功事例を共有!「Brightcove PLAY 2017 Tokyo」閉幕
長年の悩みが解決か 広告枠のショッピングサイト「Adplace」登場
CA、業界特化型の動画広告フォーマット「AVA Style」を日用品メーカー向けに提供へ
LINE、「LINE LIVE」上の運用型広告に関するパートナー契約をユナイテッドと締結 
Supershipの「AppVador」、動画広告の高画質再生に対応 ユーザーの通信負担も削減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/30 11:30 https://markezine.jp/article/detail/27012

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング