SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブロードバンド利用者の50.4%が、映像の有料ダウンロードサービスに利用意向を示す

 シード・プランニングは本日、ブロードバンド映像配信のユーザー調査を実施し、調査結果をまとめた「ブロードバンド映像配信ビジネスの市場動向とユーザーニーズ調査」の販売を発表。調査期間は2006年7~9月、週1回ブロードバンドを利用している16歳~69歳のユーザー300人を調査対象とした。レポートの価格は99,750円。

 今回のレポートは、ブロードバンドを利用する映像配信サービスである、IP放送、VOD、ダウンロードの利用意向を調査し、今後の課題と2010年までの普及予測を行ったものとしている。

 また、本調査の主な結果は以下のようになった。

 ・有料ダウンロードサービスの利用意向
映像の有料ダウンロードサービスに対するユーザーの利用意向は、ブロードバンド利用者の50.4%となった。その中で「是非利用したい」と「いずれ利用したい」を合わせた利用意向は、25.4%。ダウンロードサービスに対する利用意向は、IP放送やVODサービスの利用意向を上回っている。同レポートでは「ダウンロード後にDVD等にコピーできるサービスが実現した場合、更に利用意向が高くなることが示された」と記述している。

 ・VODの複数TVでの視聴意向
VODサービスの視聴意向を持つ約6割が、2台目、3台目のTVでの視聴を潜在的に希望している。同レポートには「VODサービスの普及がかなり浸透していると考えられる2~3年後には、高画質の映像が2台目、3台目のTVで問題なく視聴できる環境の提供が必要になってくるだろう」と記されている。

 尚、調査結果の詳細は下記プレスリリースを参照のこと。

プレスリリース:ブロードバンド映像配信(IP放送、VOD、DL)のユーザー調査を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング