SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

会社がちょっと楽しくなる? サイボウズ、SNS機能付きお手軽社内ブログをリリース

 今回リリースされた「サイボウズブログ 2.0」のベータ版は、経営者から現場の社員まで、日々感じている疑問や業務に関係するニュース、知恵などを気軽に発信することができる。しかし、せっかくのコミュニケーション機能も一部の人しか利用できないようでは効果が半減してしまう。サイボウズは、ITスキルのレベルに関係なく、誰でも楽しんで利用できるよう多くのSNS的機能を搭載している。

「サイボウズブログ 2.0」のトップページ。
※画像はすべてプレスリリースより転載。

 SNS的機能のひとつとして、「Good!/共感! ボタン」と「あしあと」機能を新たに追加。「読み手」が記事の内容に納得や同感した際に、ボタンを押すことでその意思を伝えることができる。また、「人気ランキング」と「プロフィール統計」機能によって、人気記事を把握し、社内で注目されている情報を簡単に得ることができる。「プロフィール統計」では、利用者の「性別」や「出身地」「血液型」などをカテゴリーごとに集計することも可能になっている。

「プロフィール統計」ページ。うちの会社、意外とAB型が多いんだ…など
会社や社員に対する興味が沸いてくる。

 さらに利用を促進するために、携帯端末からでもアクセス可能な「モバイル機能」も搭載。また、今回からダウンロードとインストールを同時に進める方式を採用。導入の際に必要となるデータベース管理システム「PostgreSQL」もひとつのアーカイブにまとめられ、作業時間が大幅に削減されている。

 「サイボウズブログ 2.0」のベータ版は、最長60日間無償で提供される。正式版のリリースは、2008年3月末までを予定している。「サイボウズブログ 2.0」の製品価格は、10ユーザー分128,000円から、300ユーザーまでのライセンスプランがある。 3月31日まで展開中のキャンペーン価格では、10ユーザー分79,800円となる。サイボウズでは2月から3月にかけて、東京本社を会場にセミナーを開催。ベータ版公開から1年間で新たに1万人以上の利用を目標にして取り組むとしている。 

【関連リンク】
社内SNS人気機能ベスト3は、コミュニティ・日記・Q&A ― 社内SNS利用調査
サイボウズ、大企業向けシステム・インテグレーション事業を開始
携帯SNSにはパソコンとは一味違う楽しみがあるらしい、SNS作成サービス 「SNSを作ろう!」がソフトバンクでも利用可能に
SNS市場、ブログを上回る倍増ペースで成長【コラボレーション製品市場調査】

サイボウズブログ 2.0 ホームページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/18 12:10 https://markezine.jp/article/detail/2720

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング