SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Adjust、平均値ではなく個別ユーザー単位の獲得コストを可視化するAPI発表 InMobi等と連携

 アプリ計測プラットフォームを提供するadjust(アジャスト)は、10月12日にサンフランシスコで開催されたAdjust主催のMobile Spreeマーケティングカンファレンスにおいて、新しい広告コストAPI(Ad Spend API)を発表した。

 このAPIは計測されたユーザに自動的に広告費を紐付ける仕組みで、デバイスレベル、地域、デバイス名、クリエイティブおよびエンゲージメントによってフィルタリングして、コストデータの分析を行えるようになる。

 一般的には、有料広告キャンペーンで広告支出とROI測定のため広告主に提供されるのは、有料ソースから一人のユーザーを獲得する場合の費用の「平均値」だ。この数値は、通常キャンペーンのデータから集計されるか、または、広告ネットワークから抽出されたもので、具体的なユーザー一人当たりの獲得コストではなかった。

 Adjustの共同創業者でCTOのポール・ミュラー氏は次のように語っている。

 「Adjustのシンクタンクは、多くのモバイルアプリ業界のリーダーが、個々に見れば獲得価格が大きく異なるユーザーを、キャンペーンでは平均としてひとくくりにしてしまうというリスクを繰り返し冒していることを明らかにしました。これは、長期的にはマーケティングやエンゲージメントについての戦略を損なう可能性があるリスクです」

 Adjustのネットワークパートナーのうち、AdColony、Chartboost、Crossinstall、Fyber、InMobi、Ironsource、Jampp、Liftoff、Remerge、Tapjoy、Unity、Vungle、およびYouAppiの各社が先行して、上記の新しい方法でAdjustへのコストデータ送信を開始した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/13 11:25 https://markezine.jp/article/detail/27247

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング