SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トレンダーズ、Twitterに特化したインフルエンサーネットワークの提供を開始

 トレンダーズは10月24日、2017年7月にTwitter Japanと国内Twitter広告の認定代理店契約を締結したのを受け、Twitterに特化したインフルエンサーネットワーク「Beemine(ビーマイン)」の提供を開始した。

 同社が2017年9月に20代から40代の男女10万名を対象に実施した調査によると、全体の41%がTwitterを利用しており、22%は「ほぼ毎日利用している」という結果となった。

調査期間:2017年9月6 日~9月26 日
調査対象:20~40代男女 10万名
調査方法:インターネット調査

 男女年代別に見ると、20歳から24歳の女性は78%、男性は67%がTwitterを利用しており、若年層に圧倒的な支持を得ていることがわかる。一方で30歳から34歳の男性は45%、女性も43%と半数近くが利用しており、ユーザー層の幅広さもうかがえる結果となった。

 このように若年層をはじめ幅広い世代に利用されているTwitterを企業のマーケティング施策において効果的に活用することを目指し、トレンダーズは「Beemine」の開始に至った。

 「Beemine」では、マイクロインフルエンサーと呼ばれるフォロワー数10,000前後のTwitterユーザーを中心に抱えている。そのインフルエンサーとTwitter独自の多様な広告との組み合わせで、幅広いサービスや商材のプロモーションの支援する。現在、キャスティング可能なインフルエンサーは女性・若年層を中心とした約3,000名。今後、より幅広いネットワークを形成していく予定だ。

 また、BeemineはTwitter Japanとの資本関係や取引関係はなく、トレンダーズが運営する独立したネットワークとなっている。

【関連記事】
Twitterにインストリーム動画広告が登場~動画コンテンツの冒頭にプレロール広告として展開
BitStar、インフルエンサーを起用したTwitterプロモライブビデオ制作配信パックを提供
動画とWebサイトを同時に表示 Twitter、新フォーマット「ビデオウェブサイトカード」をリリース
サイバー・バズの「インフルエンサー研究所」が始動 企業とインフルエンサーに役立つ情報を発信
電通テック、レモネードのインスタ特化型プラットフォームと連携 話題化からCRMまで支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング