SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「CA-Link」、電話番号をもとにLINEアカウントと企業データの連携可能に

 サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは、LINE ビジネスコネクト向け配信ツール「CA-Link」において、ユーザーによるログイン作業をせずに、企業IDとLINEアカウントを連携させる「LINEオーディエンスマッチ」に対応した。

 「LINEオーディエンスマッチ」は、LINE公式アカウントやビジネスコネクトアカウントで、モバイル広告IDや電話番号などをベースにメッセージを配信できる機能。ID連携をせずとも、企業が保有する顧客情報をベースに、自社のLINE公式アカウント内の友だちへメッセージ配信が可能になる。

 「CA-Link」が同機能に対応することにより、LINEアカウントと企業のLINEアカウントの更なる連携率の向上、よりユーザーに適したメッセージの配信を実現する。

 また、「CA-Link」が提供する、ユーザーによるログイン処理が不要なリターゲティングメッセージ配信サービス「Dynamicリターゲティングメッセージ」機能と併用することで、企業はユーザーにアクションを求めることなく、ID連携率の向上が可能になる。

【関連記事】
LINE@、認証アカウント30万件・累計友だち数1億7,000万人突破!インフォグラフィックも公開
「思い出を形に」で友達獲得 SNS連動プリンター「PICSPOT PRINTER」がLINE@に対応
セブン銀行ATMで24時間LINE Payの入出金が可能に LINE Payとしては初のATM対応へ
LINE、店頭販促に特化した新ソリューションの提供開始 第一弾メニューは大規模サンプリング
Adjust、LINE Ads PlatformのAds Measurement Partnerに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/26 14:30 https://markezine.jp/article/detail/27338

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング