SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IROYA、凸版印刷と小売向けソリューションで協業 マピオンの地図情報など活用

 リテールテックスタートアップのIROYA(以下、イロヤ)は、凸版印刷へ第三者割当増資を実施し、資本業務提携を行った。

 イロヤは、ファッション・小売業界に根ざし、ファッションECの「IROZA(イロザ)」や、リアル店舗とオンラインサイトを統合するオムニチャネルの導入支援サービス「Monopos(モノポス)」などを中核事業とするベンチャー企業。

 今回の提携でイロヤと凸版印刷は、凸版印刷のグループ会社であるマピオンが保有している地図情報を活用した共同事業など、小売にテクノロジーを組み込んだサービスを検討する計画を開始した。

 マピオンが保有している数千万件以上の地図情報や検索データを活用して、イロヤが保有する「IROZA」「Monopos」の購買履歴や店舗での購入商品の受け取り、商品の取り寄せ、店頭送客支援サービスなどの新サービスを共同開発する予定だ。

【関連記事】
店舗Wi-Fiの提供でクーポンなど配信 ネットワンパートナーズ、小売向けクラウドサービスを販売
インテージ、日本気象協会と需要予測で連携開始 全国小売店パネル調査×気象情報で分析が可能に
小売アプリ最新MAUランキング/実店舗有無で分かれるアプリの評価【AppAnnie調査】
フリークアウト、小売・流通向けの開発ユニットを発足 位置情報活用した2プロダクトの提供を開始
インテージ、購買データ元に生活者の価値観・意識に合ったレコメンドや商品メッセージ作成を可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/31 12:30 https://markezine.jp/article/detail/27368

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング