MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マイクロソフト社員10万人の頂点に立ったプレゼンターが指南する「ワクワク」を伝える技術

2017/12/15 07:00

 話題の書籍のダイジェスト版を紹介する連載「Book Navigator」。今回は『マイクロソフト伝説マネジャーの世界NO.1プレゼン術』(澤円 著、ダイヤモンド社、2017年8月)を取り上げます。

 ※本記事は、2017年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』23号に掲載したものです。

すべての「人を動かすコミュニケーション」はプレゼンである

 先日、カメラを買おうと思い、家電量販店に出かけた。店頭に陳列されていたある商品が気になり、近くにいた店員に声をかけ説明を求めた。するとその店員は、商品の詳細とともに、それがどんなに素晴らしいかを、こちらが尋ねていないことを含め滔々と語り始めた。彼の熱弁を聞くうちに、思わず私は「買います」と宣言してしまっていた——。似たような経験がある人は少なくないと思われる。

 このとき、その店員は見事に商品の“プレゼン”を成功させたといえる。

 プレゼンといえば、会議室などで大勢の人の前で話をするようなイメージを持つ人が多いのではないか。だが、広義のプレゼンが意味するのはそれだけではない。自分の意図や考え、企画の内容や価値などを正しく相手に伝え行動を促す行為全般を指す。取引先との打ち合わせ、チームメンバーに対するレクチャーなど、ビジネスシーンで発生するコミュニケーションのほとんどが“プレゼン”であるといっても過言ではない。

『マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術』
澤円 著、ダイヤモンド社、2017年8月

 本書『マイクロソフト伝説マネジャーの世界NO.1プレゼン術』には、そんな、様々な場面で役立つプレゼンの力を向上させるヒントが示されている。メインは一般的な大勢の人の前で話すプレゼンテーション術だが、構想、構成・ストーリー作成に加え、好印象を与える姿勢など、あらゆるノウハウを網羅している。

 著者の澤円氏は日本マイクロソフト株式会社マイクロソフトテクノロジーセンターのセンター長。プレゼン回数は年間200回以上を数え、登壇したイベントでは常に最高の評価を得ているという。2006年にはそのプレゼン力が評価され、ビル・ゲイツ氏が全世界のマイクロソフト従業員約10万人の中からトップクラスの成績を収めた者に与える「Chairman’s Award」を受賞している。

情報工場は厳選した書籍のハイライトを3,000字のダイジェストで配信するサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を運営。国内書籍だけではなく、まだ日本で翻訳されていない海外で話題の書籍も日本語のダイジェストにして毎週、配信。上場企業の経営層・管理職を中心に8万人超のビジネスパーソンが利用中。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5