MarkeZine(マーケジン)

記事種別

火星開発、電気自動車、太陽光発電… 驚異の起業家、イーロン・マスク氏の行動原理とは

2018/06/15 07:00

 話題の書籍のダイジェスト版を紹介する連載「Book Navigator」。今回は『イーロン・マスク 世界をつくり変える男』(竹内 一正 著、ダイヤモンド社、2018年1月)を取り上げます。

※本記事は、2018年5月25日刊行の定期誌『MarkeZine』29号に掲載したものです。

発想のスケールが圧倒的なイーロン・マスク氏

 今、世界で最もイノベーティブな起業家を問われたとしたら、誰を思い浮かべるだろうか。

 アマゾンのジェフ・ベゾス氏、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏といった、私たちの生活に密着したサービスを提供する企業の創業者たちを挙げる人が多いかもしれない。しかし、イノベーティブな発想のスケールで頭一つ飛びぬけている起業家と言えば、イーロン・マスク氏に他ならない。

 マスク氏はロケット・宇宙船開発会社のスペースXを創業、EV(電気自動車)やソーラーパネルを開発・製造・販売するテスラに参画し、CEOなどを務めている。かつてオンライン決済サービスのペイパルを立ち上げ、売却。約170億円もの資金を手にし、スペースXはそれを元手に立ち上げた。

 そんな彼は「人類を火星に移住させる」という途方もない目標を掲げている。夢物語にも思えるかもしれないが、マスク氏は本気だ。それによって地球的課題である環境破壊、人口爆発などを解決しようとしているのだ。スペースXはそのために設立された。

 また、テスラのEV事業は、火星移住を実現するには時間がかかるので、それまで地球環境をできるだけ破壊しない移動手段を普及させるというのが目的だ。しかもそれらを同時に実行している。驚くべき発想と実行力ではないだろうか。

 本書『イーロン・マスク 世界をつくり変える男』ではそんなマスク氏の業績や行動、発言や関係者の証言から、そのイノベーションの源である「破壊的実行力」を生み出す14のルールを抽出。考え方や人物像を明らかにしている。

『イーロン・マスク 世界をつくり変える男』竹内 一正 著、ダイヤモンド社、2018年1月
『イーロン・マスク 世界をつくり変える男』
竹内 一正 著、ダイヤモンド社、2018年1月

 著者はビジネスコンサルタント。松下電器産業(現・パナソニック)で新製品開発、アップルコンピュータ(現・アップル)でマーケティングに従事した。

情報工場は厳選した書籍のハイライトを3,000字のダイジェストで配信するサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を運営。国内書籍だけではなく、まだ日本で翻訳されていない海外で話題の書籍も日本語のダイジェストにして毎週、配信。上場企業の経営層・管理職を中心に8万人超のビジネスパーソンが利用中。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5