MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スパイスボックス、データもとに“ソーシャル上で情報拡散する”TVCM制作行うサービスをリリース

2017/11/15 12:30

 スパイスボックスは、直近1年間の国内主要TVCM500本のソーシャルメディア上でのエンゲージメントに関する定量、定性データを収集、分析した「エンゲージメント・データベース」をもとに、TVCMの制作を行う「BRAND SHARE TV」をリリースした。

 スパイスボックスは、直近1年間の国内主要TVCM500本のソーシャルメディア上でのエンゲージメントに関する定量、定性データを収集、分析した「エンゲージメント・データベース」を構築した。あわせて、このデータベースをもとに、ソーシャルメディア上で情報拡散するTVCM制作サービス「BRAND SHARE TV」の提供を開始した。

 同サービスでは、TVCMのソーシャルメディア上での話題量、話題の内容を分析した「エンゲージメント・データベース」のデータをもとに、「好意」や「共感」によってソーシャルメディア上で情報拡散しやすいTVCMのプランニングからコンテンツ制作までを支援する。

 また、TVCMのプランニングと制作にとどまらず、連携するデジタル上のプロモーションも含めたコミュニケーション戦略を一気通貫で設計。キャスティングに関しても、ターゲットの間で話題になりやすいタレントを調査によってあぶり出す。

【関連記事】
スマホ動画広告とTVCM、視聴後のアクションにつながるのは?/年代で違い【CyberBull調査】
Datoramaがエム・データの「TVメタデータ」連携 TV・デジタル広告と売上等を一元的に可視化
サイバーエージェント、映画やTVCMなど制作実績多数のロボットと広告制作ソリューションを開発
オプト、統合プランニングツールを開発 TVCM×ネット広告の最適出稿量を予測
「AbemaTV」、1,000万DLを突破~ピコ太郎起用したCMの放送も決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5