SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプトのアプリ支援行うツール「Spin App」、GoogleのSDK「Firebase」と連携

 オプトのエンジニア組織であるOpt Technologies(オプトテクノロジーズ)が提供するアプリデータマネジメントツール「Spin App(スピンアップ)」は、Firebaseのアナリティクス機能と連携した。

 Firebaseは、Googleが提供するSDK。プッシュ通知やクラッシュ検知など多岐にわたる機能があるだけでなく、Firebaseをアプリ内に設置することで(アンインストールデータやプッシュ通知の開封状況などを自動で取得することができる。

今回Spin AppとFirebaseが連携することによって、Firebaseで取得したデータをGoogle以外の広告にも自動で活用することが可能となる。Firebaseに蓄積されたアプリ行動データを用いて作成された広告IDのリストは、自動でソーシャルメディアの広告管理画面に反映されるため、今までよりも運用の手間を少なくスピーディーに、精度の高いリターゲティング配信や拡張配信を実現する。

 さらに、Spin Appがすでに連携しているアプリ広告効果測定SDKとFirebaseのユーザー行動データを紐付けて分析することもできる。例えば、adjustとFirebase両方を活用している企業は、adjustで計測した流入元データと、Firebaseで取得したアンインストールデータを用いて、流入元ごとにアンインストール数の測定(※アンインストール数の計測が可能なのはAndroid端末のみ)を行える。

【関連記事】
オプト、位置情報×動画広告配信の「toSTORE Video Ad.」を開発 チラシの代替狙う
オプト、アプリ広告の効果測定SDKに特化したコンサルティングサービスをリリース
VR・AR内のユーザー行動を可視化しマーケティングに活用!オプト、新プラットフォームを共同開発
モバイルアプリ向けマーケティングツール「Repro」、新「MERY」に導入決定
インフルエンサーの3割以上がスマホ以外で撮影/使ってる加工アプリは【ミンツプランニング調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/11/30 15:00 https://markezine.jp/article/detail/27554

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング