SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

読売新聞、コンテンツマーケティング事業に参入 「YOMIURI BRAND STUDIO」設立

 読売新聞は、企業のコンテンツマーケティングを支援するため、新たに「YOMIURI BRAND STUDIO」(以下、YBS)を設立し、2018年1月からサービスを開始する。

 YBSは、「クリエイティブ力」に定評のあるデジタルコンテンツ制作会社のワン・トゥー・テン・デザイン、エートゥジェイ、グルーバー、ナディアの4社とともにコンソーシアム(企業連合)を結成するもの。新聞広告の制作のほか、動画を含めたデジタル広告の制作、広告主のオウンドメディア制作など、企業や自治体向けに幅広くサービスを提供していく。

 そして、YBSにおける最大のセールスポイントとして読売新聞は「Credibility × Creativity」(信頼性とクリエイティブ力の融合)を挙げる。読売新聞への信頼、記事広告やネイティブ広告を手掛ける広告局クリエイティブチームの記者経験者が執筆する質の高い原稿を基盤に、コンソーシアム参加各社の「クリエイティブ力」を生かし、広告主の様々なニーズに対応していく。

 また、読売新聞の各媒体に加え、マロニエゲート銀座やよみうりランドといった読売グループの幅広い資産を最大限活用するのはもちろん、今後は、プロジェクションマッピングやAR(拡張現実)、VR(仮想現実)などを活用した体験型コンテンツを開発。これにより、イベントプロデュース分野のサービスも充実させていく狙いだ。

 あわせて、広告局クリエイティブチームに関しても、2018年3月までに記者経験者、フォトグラファーらを増員し、体制を倍増させる計画だ。

【関連記事】
INCLUSIVEと徳間書店、コンテンツマーケティング支援を開始 専門組織も設置
オールアバウト、インフィード型のネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」提供へ
インティメート・マージャーがアウトブレインへオーディエンスデータを提供へ
TABI LABO、「BRAND STUDIO」を設立~スマホに適したコンテンツマーケティングを支援
読者の興味関心に基づくターゲティング広告配信を実現!「西日本新聞DMP」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/15 12:30 https://markezine.jp/article/detail/27655

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング