MarkeZine(マーケジン)

記事種別

読売新聞、コンテンツマーケティング事業に参入 「YOMIURI BRAND STUDIO」設立

2017/12/15 12:30

 読売新聞は、企業のコンテンツマーケティングを支援するため、新たに「YOMIURI BRAND STUDIO」(以下、YBS)を設立し、2018年1月からサービスを開始する。

 YBSは、「クリエイティブ力」に定評のあるデジタルコンテンツ制作会社のワン・トゥー・テン・デザイン、エートゥジェイ、グルーバー、ナディアの4社とともにコンソーシアム(企業連合)を結成するもの。新聞広告の制作のほか、動画を含めたデジタル広告の制作、広告主のオウンドメディア制作など、企業や自治体向けに幅広くサービスを提供していく。

 そして、YBSにおける最大のセールスポイントとして読売新聞は「Credibility × Creativity」(信頼性とクリエイティブ力の融合)を挙げる。読売新聞への信頼、記事広告やネイティブ広告を手掛ける広告局クリエイティブチームの記者経験者が執筆する質の高い原稿を基盤に、コンソーシアム参加各社の「クリエイティブ力」を生かし、広告主の様々なニーズに対応していく。

 また、読売新聞の各媒体に加え、マロニエゲート銀座やよみうりランドといった読売グループの幅広い資産を最大限活用するのはもちろん、今後は、プロジェクションマッピングやAR(拡張現実)、VR(仮想現実)などを活用した体験型コンテンツを開発。これにより、イベントプロデュース分野のサービスも充実させていく狙いだ。

 あわせて、広告局クリエイティブチームに関しても、2018年3月までに記者経験者、フォトグラファーらを増員し、体制を倍増させる計画だ。

【関連記事】
INCLUSIVEと徳間書店、コンテンツマーケティング支援を開始 専門組織も設置
オールアバウト、インフィード型のネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」提供へ
インティメート・マージャーがアウトブレインへオーディエンスデータを提供へ
TABI LABO、「BRAND STUDIO」を設立~スマホに適したコンテンツマーケティングを支援
読者の興味関心に基づくターゲティング広告配信を実現!「西日本新聞DMP」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5