MarkeZine(マーケジン)

記事種別

シニアのLINE利用率は上昇傾向継続 昨年から約11ポイント上昇で42%に【ソニー生命調査】

2017/12/22 07:00

 ソニー生命保険は、2017年11月21日~11月22日の2日間、全国のシニア(50~79歳)の男女に対し「シニアの生活意識調査」をネットエイジアの協力のもとネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開した。

サマリー

シニアのスマホ利用やFacebook・LINE利用】

  • シニアのスマホ利用率、昨年から約12ポイント上昇で53%に
  • シニアのLINE利用率は上昇傾向継続、昨年から約11ポイント上昇で42%に
  • シニアがスマホで行っていることトップ3は「通話」「メール」「ネット検索」

シニアの楽しみ

  • シニアの楽しみ、1位「旅行」2位「テレビ/ドラマ」3位「グルメ」
  • 楽しみに対する1ヵ月の出費、「旅行」は平均2.7万円、「グルメ」は平均1.2万円

シニアと孫の関係

  • 孫との関係に満足しているシニアは4人に3人、満足度が高いのは“ばあば”より“じいじ”
  • 孫と一緒にしたいこと トップ3は「外食」「旅行」「会話」
  • 孫の教育に熱心なシニアの姿も、「勉強(教える)」が10位にランクイン
  • 最近1年間における孫のための出費、トップは「おこづかい・お年玉」
  • 3人に1人は「おもちゃ・ゲーム」をプレゼント
  • 孫のために1年間で使った金額、平均116,059円、昨年より6,845円減少

シニアの就労意欲

  • 65歳以降の就労意向があるシニアは3人に1人、昨年と同水準
  • 65歳以降の仕事選び、「体力的な負担が軽い」は半数が重視
  • 重視するポイントで「通勤時間」が4位にランクアップ

シニアの生活満足度

  • 「現在の生活」に満足しているシニア、男性4割半、女性5割
  • 「食生活」に満足しているシニアは約6割
  • 一方、「経済状況」の満足度は3割強、「将来に対する備え」は2割にとどまる

シニアのスマホ利用やFacebook・LINE利用

 まず、全回答者(1,000名)に、スマートフォンとタブレット端末の利用について聞いたところ、「スマートフォン」を利用しているシニアは53.0%、「タブレット端末」を利用しているシニアは22.7%だった。

 一昨年、昨年の調査結果と比較すると、「スマートフォン」の利用率は、2015年34.9%→2016年40.9%→2017年53.0%と年々上昇しており、昨年から12.1ポイント上昇で、今年は初めて5割を超えた。また、「タブレット端末」の利用率は昨年から3.1ポイント上昇(2016年19.6%→2017年22.7%)した。

 次に、全回答者(1,000名)に、SNSとメッセージアプリの利用について聞いたところ、「Facebook」を利用しているシニアは25.8%、「LINE」を利用しているシニアは41.5%だった。

 過去の調査(※)の利用率と比較すると、「Facebook」は2013年調査からほぼ横ばいでの推移となったが、「LINE」の上昇傾向は継続しており、2013年と比べると利用率は4倍近く、昨年と比べると10.7ポイントの上昇となり、4割を超えた。シニアのLINE利用率の上昇はまだ続きそうだ。 

※2013年調査と2014年調査では、利用しているSNS、メッセージアプリを選択する形式で聴取

 スマートフォンを使っているシニア(530名)に、日頃、スマートフォンで行っていることを聞いたところ、「通話」が最も多く89.4%、「メール」が85.8%、「インターネット検索」が74.0%、「ニュース閲覧」が61.9%、「写真撮影」が61.3%で続いた。連絡手段としてスマホを使っているシニアが多いようだが、ネット検索やニュース閲覧といったネット利用も多いことがわかった。

 男女別に見ると、「ニュース閲覧」(男性65.2%、女性58.5%)や「地図をみる」(男性62.2%、女性55.4%)では男性のほうが高くなったが、「メッセージアプリ(LINEなど)」(男性50.7%、女性58.8%)では女性のほうが高くなった。 

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5