MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スパイスボックス、中国、タイ、インドネシア、台湾他の現地企業向けブランディング動画制作・配信を支援へ

2017/12/27 11:45

 スパイスボックスはデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)の支援のもと、中国、タイ、インドネシア、台湾を中心とするアジア地域で、現地企業および現地でマーケティング活動を行う日本企業向けに、ブランディング動画の制作・配信などソーシャルメディアを活用したコミュニケーション支援を開始する。

 DACは、メディア、アドテクノロジーなどに関わる各サービスをグローバルに支援し、2005年以降中国、タイ、インドネシア、台湾などのアジア地域で事業を展開してきた。

 ソーシャルメディア上のコミュニケーション戦略設計、動画制作に強みを持つスパイスボックスは、DACの支援のもと、アジア地域におけるコミュニケーション支援の事業を推進していく。

 スパイスボックス独自のソーシャルリスニングサービス「ブランド・エンゲージメント調査」を多言語対応させ、各国独自の口コミや行動データの調査、分析を踏まえたコミュニケーション戦略設計、動画制作を実施する。

 また、ブランデッドムービーの企画・プロデュース会社であるFROGLOUDとの提携により、アジア各国の映画監督を起用した動画制作も行う。

【関連記事】
スパイスボックス、データもとに“ソーシャル上で情報拡散する”TVCM制作行うサービスをリリース
スパイスボックス、「THINK」をリリース 統計解析でPR、SNSの売上貢献度を可視化
スパイスボックス、 インフルエンサー・SNS活用のKPI策定支援サービスを開始
スパイスボックス、マイクロインフルエンサーと企業をマッチングする「Teller」の提供開始
スパイスボックスとDAC、医薬品メーカー向けにLINEビジネスコネクト活用したサービスの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5