SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スパイスボックス、中国、タイ、インドネシア、台湾他の現地企業向けブランディング動画制作・配信を支援へ

 スパイスボックスはデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)の支援のもと、中国、タイ、インドネシア、台湾を中心とするアジア地域で、現地企業および現地でマーケティング活動を行う日本企業向けに、ブランディング動画の制作・配信などソーシャルメディアを活用したコミュニケーション支援を開始する。

 DACは、メディア、アドテクノロジーなどに関わる各サービスをグローバルに支援し、2005年以降中国、タイ、インドネシア、台湾などのアジア地域で事業を展開してきた。

 ソーシャルメディア上のコミュニケーション戦略設計、動画制作に強みを持つスパイスボックスは、DACの支援のもと、アジア地域におけるコミュニケーション支援の事業を推進していく。

 スパイスボックス独自のソーシャルリスニングサービス「ブランド・エンゲージメント調査」を多言語対応させ、各国独自の口コミや行動データの調査、分析を踏まえたコミュニケーション戦略設計、動画制作を実施する。

 また、ブランデッドムービーの企画・プロデュース会社であるFROGLOUDとの提携により、アジア各国の映画監督を起用した動画制作も行う。

【関連記事】
スパイスボックス、データもとに“ソーシャル上で情報拡散する”TVCM制作行うサービスをリリース
スパイスボックス、「THINK」をリリース 統計解析でPR、SNSの売上貢献度を可視化
スパイスボックス、 インフルエンサー・SNS活用のKPI策定支援サービスを開始
スパイスボックス、マイクロインフルエンサーと企業をマッチングする「Teller」の提供開始
スパイスボックスとDAC、医薬品メーカー向けにLINEビジネスコネクト活用したサービスの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/27 11:45 https://markezine.jp/article/detail/27714

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング