SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Amazon、日本からのユーザーには代金と送料を円で表示する新機能を導入

 米Amazonは、通貨換算機能“Amazon Currency Converter”を導入し、オーストラリア、デンマーク、香港、日本、ニュージーランド、ノルウェー、イギリス、南アフリカ、スウェーデン、スイスの通貨、およびユーロを含む11の国と地域の通貨に対応。購入を完了する前に、米ドルではなく各国通貨で、送料を含む購入金額を確認することができる。

日本円で表示された購入価格と送料。
「Switched currency」ボタンを押すと米ドル表示に切り替え可能。

 米Amazonは、対応通貨を今後も増やしていく方針。米Amazonは現在、世界200か国に商品の発送を行っている。

【関連リンク】
米アマゾンが新しく採用した決済方法は、PayPalではなくBill Me Laterだった
米Amazonの知識共有コミュニティで、ベストセラー作者による恋愛相談受け付け中
米Amazon、DRMフリーのMP3ミュージックストア世界展開を表明
「ゴールドカード」にもとめるもの、男性は「ステイタス」女性は「ポイント特典」【クレジットカード利用調査】
楽天が欧州進出、「楽天ヨーロッパ」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/22 14:31 https://markezine.jp/article/detail/2775

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング