SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「LINE@」、楽天市場の出店店舗向けSNSサービス「R-SNS」と連携開始

 LINEは、同社が提供するLINEアカウント「LINE@」において、楽天市場での店舗運営にソーシャルメディアを活用できる「R-SNS」サービスとの連携を開始した。

 「R-SNS」サービスは、楽天市場に出店している店舗が、LINE@やInstagram、FacebookなどのSNSを店舗運営における情報発信のツールとして利用する際にサポートをするもの。各SNSにおけるアカウント作成代行をはじめ、集客や販売促進に役立つ企画開催、ノウハウや事例の提供などを行う。

 また「LINE@」は、ユーザーへのダイレクトな情報発信やビジネス活用が可能な店舗・企業向けLINEアカウントだ。今回同社は、ユーザーと出店店舗とのつながりの強化およびコミュニケーションの進化を目的に、「R-SNS」サービスとの連携を実施し、出店店舗への「LINE@」導入を開始した。

 これにより、ユーザーは楽天市場の出店店舗ページを通じて、当該店舗の「LINE@」アカウントを友だち追加することが可能に。また出店店舗は「メッセージ配信」や「タイムライン投稿」を利用してクーポンやセール情報をLINE上に発信したり、トーク画面で個別にやり取りをする「1:1トーク機能」で、ユーザーから直接問い合わせを受け付けたりすることができる。

 これまでメールや電話で行っていた商品やサービスに対する問い合わせ対応などを「LINE@」上でも実施することで、満足度の高いコミュニケーションを実現し、リピート率の向上やユーザーのロイヤリティ醸成を図る。

【関連記事】
楽天とウォルマートが日米における戦略的提携を発表~「楽天西友ネットスーパー」を共同運営へ
楽天とビックカメラが新会社設立 ECと実店舗の強み活かした「楽天ビック」を提供
楽天データマーケティング、企業のブランドサイトを「楽天市場」に設置できる広告商品を提供へ
「思い出を形に」で友達獲得 SNS連動プリンター「PICSPOT PRINTER」がLINE@に対応
Web接客プラットフォーム「KARTE」、 LINEの「Official Web App」に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/31 16:30 https://markezine.jp/article/detail/27834

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング