MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DSP「Logicad」、「テレビ視聴者ターゲティング」の提供開始 ビデオリサーチの視聴データ活用

2018/02/02 09:00

 ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」において、ビデオリサーチが提供する「VR LINC」(ブイアール リンク)と連携した「テレビ視聴ターゲティング」の提供を開始した。

 同機能は、「テレビ視聴データ」をもとにユーザーを特定後、人工知能を活用しユーザーを拡張することで、個別の商品やサービスに関心・関連性の高いユーザーへ広告配信できるもの。

 「VR LINC」は、ビデオリサーチが保有する「テレビ視聴データ」を、DMPを通して各種データに連結・統合し、付加価値をつけるデータ統合ソリューション。「テレビ視聴ターゲティング」では、テレビを視聴するユーザーに対して機械式テレビ測定による「テレビ視聴データ」の取得、人工知能によるユーザーセグメントの拡張というプロセスを経て、DSP「Logicad」による広告配信を行う。これにより、テレビとの相乗効果をより発揮したキャンペーン展開が可能になる。

 ユーザーセグメントの拡張に活用される人工知能は、ソネット・メディア・ネットワークス開発の「VALIS-Engine」となっている。

【関連記事】
DSP「Logicad」、動画広告メニューをリリース Teadsと連携しインリード広告を配信
GDO、ソネット・メディア・ネットワークスのAIを導入 目標上回る新規獲得を実現
DSP「Logicad」とロックオンの「アドエビス」が連携 ログデータを広告配信に活用
2018年はデジタル広告費がテレビ広告費を上回る?世界の広告費成長率を予測【電通イージス調査】
テレビ朝日とKDDI、共同でスマホとTVCMを連動させたプロモーション手法を開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5