SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、AI×ビッグデータで顧客を支援する実証実験を本格化 日産やJリーグなどに続く参画者を募集

 ヤフーは、顧客企業の持つデータとヤフーのビッグデータ・AI技術を掛け合わせ、顧客企業のあらゆる活動を支援する新規事業創出に向けた実証実験を本格的に開始した。

 これまで同社は、自社が提供する異なるサービスのビッグデータを掛け合わせることで、単一サービスのビッグデータ利活用を上回る精度の予測を実現してきた。たとえば「Yahoo!検索」の検索履歴と「Yahoo!ショッピング」の購買履歴を掛け合わせることで、「Yahoo!ショッピング」の新規ユーザーに対する商品レコメンドのクリック率を4.5倍に向上させた。

 このようなノウハウを応用し、異なる企業間においてもビッグデータ連携による各種予測精度の向上など、あらゆる企業活動の課題解決を目指す。

 先行して同社では、日産自動車・江崎グリコ・日本プロサッカーリーグ・神戸市・福岡市といった企業や自治体などそれぞれと実証実験を進めている。今後、ビッグデータを保有する企業・自治体・研究機関などの参画者を拡大し、実証実験を本格化していく。

 また本格化にあたって、2月6日よりビッグデータを保有する企業・自治体・研究機関を対象に参画者の募集を開始。ヤフーは、これらの実証実験を通じて企業間ビッグデータ連携のノウハウを蓄積し、2019年度の事業化を目指す。

【関連記事】
ヤフオク、ブックオフなどと連携した買取サービス「カウマエニーク」をリリース
博報堂DYMP・ヤフー他、視聴ログやWeb上のCVデータ用いたテレビCMプラニング支援を提供開始
「Yahoo!フォロー機能」を活用したキャンペーン開催中!おそ松さんを起用した交通広告も展開
DSP「Logicad」、「テレビ視聴者ターゲティング」の提供開始 ビデオリサーチの視聴データ活用
トレタ、ビッグデータ・AI関連の研究所設立 慶大教授と共同で飲食業界のデータ活用を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング