SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ipocaとリゾーム、約1,500万人の行動データもとに商圏分析行うサービス提供

 ipocaとリゾームは1月24日より、商圏GPS分析サービス「流動outside」の提供を本格開始した。

 商業施設における恒常的な課題のひとつとして、リーシングのテナント検証、並びに催事を行う際にどのような行動・経路により消費者が来館するのかを事前に把握するデジタルツールを持ち合わせていない点が挙げられる。

 そこで両社は、全国の約1,500万人の行動データをもとに分析を行う「流動outside」の提供を開始するに至った。

 今回提供を開始したサービスでは、全国約4,000拠点の商業施設において、商業施設がこれまで持っていた「会員カード」「アンケート調査」などのプライベート・データだけでは把握できない「顧客の流入および流出状況」に関するデータ分析が可能となる。

 具体的には、どこに住んでいる顧客が来館しているかわかる「商圏ヒートマップ分析」や、新規・リピート客の識別ができる「来館分析」、自館と他館の併用率や内訳がわかる「他館併用分析」、来店回数も自館と他館とを比較できる「来店回数分析」などが行える。

 これにより、効果的な集客手法のマーケティング、検証、レポーティングに限らず、新規出店によるリーシング検証にも幅広く活用できるようになることを目指す。

【関連記事】
ipoca、JR西日本グループと資本・業務提携〜O2Oアプリを導入へ
地域×アイテムで販売店舗を検索! ipoca、「NEARLY」と「Yahoo!ロコ」の検索機能と連携
電通ライブとバスキュールが音声ARシステムを開発
位置情報データを活用したマーケティングを 朝日広告社、流通・小売業向けにサービス展開へ
オプト、位置情報×動画広告配信の「toSTORE Video Ad.」を開発 チラシの代替狙う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング