MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「SENSY BOT」、美容・健康食品分野での対話可能に

2018/03/01 08:30

 SENSYは、化粧品・美容健康食品の製造販売を行う協和と業務提携を行った。あわせて、SENSYが開発するパーソナル人工知能「SENSY」を活用したチャットボットサービス「SENSY BOT」に美容・健康食品分野での対話エンジンを追加で搭載した拡張版の提供を3月1日より開始した。

 今回、第一弾として協和の顧客向けに限定でサービスを開始し、今後美容相談ができるチャットボットとして一般向けに公開していく。同チャットボットでは美容・健康食品分野において、自然な形で悩みを聞いたり、雑談をしたりしながら一人ひとりにあったアドバイス・商品紹介を行うことができる。

【関連記事】
電通と日本マイクロソフト、人工知能活用したOOH広告を開発 インタラクティブな表現が可能に
GDO、ソネット・メディア・ネットワークスのAIを導入 目標上回る新規獲得を実現
AIが写真に合ったタグを自動生成!iPhone/iPad向けアプリ「TAGGER」リリース
米IBMとMIT、人工知能の共同研究を推進する研究所設立へ 投資額は10年間で2億4,000万ドル
三菱総合研究所とNextremerが提携 AI対話システムの共同開発へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5