MarkeZine(マーケジン)

記事種別

プロファイルパスポートと商圏分析GISが連携 人口統計×位置情報の分析強化

2018/03/06 08:00

 ブログウォッチャーは、同社のサービス「プロファイルパスポート」による位置情報データを技研商事インターナショナル(以下、GSI)の商圏分析GIS(地図情報システム)MarketAnalyzerと連携することを発表した。くわえて、「PPLAライフエリア分析機能」が4月1日より提供が開始されることも明らかになった。

 これまで、GISと人口統計データを活用した商圏分析・エリアマーケティングは、広く活用されてきた。しかしながら、生活者の趣味趣向やライフスタイルの変化、購買チャネルの多様化にともなって、それだけでは新たな知見を得ることが難しくなっていた。

 そこで、プロファイルパスポートの位置情報データと商圏分析GISを組み合わせることで、任意の店舗や施設にジオフェンス(仮想境界線)の設定を可能にし、その範囲内に来訪した人のGPS位置情報を統計処理。地図上での視覚化を可能にした。

 さらに、居住地と勤務地が推定されたデータから、店舗に来訪した人の居住地や勤務地を地図上にプロットでき、時間帯別、曜日別の来訪傾向を把握できる。

【関連記事】
電通ライブとバスキュールが音声ARシステムを開発
位置情報活用したリアルタイムマーケティングを!朝日広告社、流通・小売業向けにサービス展開へ
オプト、位置情報×動画広告配信の「toSTORE Video Ad.」を開発 チラシの代替狙う
展示会来場者の位置情報や動線を含む定量的なデータ解析サービス「Exas」を、テクサーがリリース
ウエディングパーク、位置情報を活用したスマホ広告商品「WPロケーションアド」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5