MarkeZine(マーケジン)

記事種別

東芝子会社、AIやIoTなど活用したビジネス支援行う会社設立

2018/03/07 12:30

 東芝デジタルソリューションズは、新たなデジタルビジネスにおいてコンサルティングから価値創造までを一貫して提供する新会社「東芝デジタル&コンサルティング株式会社」(以下、東芝デジタル&コンサルティング)を4月2日に設立する。

 急速に発展するIoT、AIをはじめとするデジタル技術は、これまでの企業における事業領域、ビジネスモデルに対して革新的な変化をもたらしている。

 新会社は、東芝のIoTアーキテクチャー「SPINEX(スパインエックス)」にもとづき、現場の出来事をデジタル上に忠実・精緻に再現し、高度なシミュレーション・将来予測分析につなげるデジタルツインや、ものづくりで磨いた高精度な分析と音声・画像認識技術を融合したAI活用を支援。社会インフラ・エネルギー・モビリティのビジネス領域を中心に、顧客との共創によるデジタルトランスフォーメーションを加速していく狙いだ。

【新会社の概要】
  名称:東芝デジタル&コンサルティング株式会社
 設立日:2018年4月2日
 代表者:取締役社長 沖谷宜保
従業員数:約50名
 資本金:4億9,000万円
出資比率:東芝デジタルソリューションズ株式会社70%、株式会社東芝30%
 所在地:神奈川県川崎市 事業概要:デジタル技術を活用したソリューション・運用サービスの提供、
     デジタルビジネス戦略に関するコンサルティング

【関連記事】
レオパレス21、AIが物件検索を支援するシステム導入
NTTデータ、AIを活用した地域理解ソリューションの開発へ
AIがデータ活用のトレーナーに!ソフトバンク・テクノロジー、「SIGNAL AI」の提供へ
アリババグループとBMWがIoTで提携 「車の自動販売機」も投入へ
SNS投稿から潜在的ニーズに合った本を紹介!近畿大学、AIを使った本のマッチングサービス提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5