MarkeZine(マーケジン)

記事種別

議事録作成を省力化 セキュリティ対応クラウド型自動テキスト化サービスがリリース

2018/03/27 07:10

 プロジェクト・メイは、顧客ごとにセキュリティが確保された専用のクラウド環境下で、会議などの音声の自動文字起こしができる「Minutes Mayker(ミニッツメーカー)」の提供を開始した。

 会議や打ち合わせ、セミナー、インタビューなどの記録のために議事録を作成することは、多くの時間と労力が必要とされる業務だといえる。しかし、重要な会議ほど文書による記録の必要性が高くなる反面、その秘匿性から社内作業が必要となり効率化しにくいのが実情であることに、同社は注目した。

 Minutes Maykerは、顧客ごとに専用のクラウド環境を用意することでセキュリティを確保しながら、独自の音声データ前処理技術と最新のディープラーニングを活用したGoogleの音声認識エンジンの組み合わせにより、高い音声認識精度を実現したという。

 スマートフォンをベースに開発した専用端末を通じて集音し、専用クラウド環境に転送、テキスト化を行うため、ICレコーダーのように持ち運びができ、設置工事等は不要。

 ICレコーダー等で録音した音声ファイルもテキスト化可能。MP3他、複数のファイル形式に対応したアップロードインタフェースも用意しており、過去に録音したデータのテキスト化も可能だとしている。

【関連記事】
日本アドバタイザーズ協会2017年度のキーワードは構造変化と働き方改善
これからの「はたらく」をWebマガジン×雑誌×リアルで考える、岡村製作所「WORK MILL」発足
ビービット、電通デジタルら音声サービスで業務提携  自然対話が可能な音声ソリューション提供へ
電通ライブとバスキュールが音声ARシステムを開発~データ・位置情報に基づいた音声情報提供
AbemaTV、「Amazon Alexa」対応へ 番組情報を音声で確認可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5