SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天とぐるなび、資本業務提携を締結

 楽天とぐるなびは、資本業務提携を締結した。今後、両社は飲食店の予約サービスにおける提携をより一層強化していく。

 日本における飲食店のオンライン予約の市場規模は、2017年において4,502億円と推定され、前年比36.8%と高い成長を示している。ぐるなびにとっては、消費者のさらなる利便性向上および外食需要の増大につながるとの観点から、予約サービスは飲食店における対応を支援するための重要な事業として位置付けられている。同時に、楽天においては、オフラインサービスである飲食店舗へのエコシステムの拡大という観点で重要な事業である。

 両社はこれまでも当該事業において、様々な提携を行ってきた。2018年3月には、ぐるなび会員が飲食店のネット予約やぐるなびECサイトを利用することで貯めることができるポイント「ぐるなびポイント」を「楽天スーパーポイント」に交換できるサービスを開始。同年5月には、楽天が運営するグルメ情報サイト「Rakoo(ラク―)」の新規加盟店開拓において提携することで合意している。

 そして、今回の資本業務提携を機に、飲食店の予約サービスにおける連携強化の一環として、楽天会員とぐるなび会員のIDやポイントプログラムの連携を進める。さらに、両社が現在推進している取り組みにおいては、相乗効果を発揮できる領域が多くあると考えていることから、上記の取り組みに限らず両社のブランドや蓄積するデータを活用。多様な飲食店の課題や消費者のニーズに応えるサービスの開発、販売促進を共同で進めることで、両社の事業の強化・拡大を図る。

【関連記事】
レストラン検索から決済までがアプリで完結!ぐるなび、Alipayとアクワイアリング契約締結
Google Assistantでレストラン予約 ぐるなび、音声予約サービスを提供開始
食べログ、NTTドコモのAIエージェントサービス「my daiz」にサービス提供を開始
「食べログ」のネット予約人数が累計3,500万人を突破 前年の倍以上のペースで推移
約6割の飲食店がネット予約に食べログ等のグルメサイトを利用【シンクロ・フード調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/31 08:45 https://markezine.jp/article/detail/28158

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング