SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「少年サンデー」と「少年マガジン」共同でマンガ雑誌を出版、小学館と講談社が合意

 NHKなどの報道によると、この計画は来年ともに50周年を迎える小学館の「少年サンデー」と講談社の「少年マガジン」が、不振が続く業界の活性化をねらって打ち出したもの。新雑誌は、増刊号として発行し、サンデーの「名探偵コナン」と、マガジンの「金田一少年の事件簿」の過去の作品を掲載し、4月から発行を開始するという。

 同じ出版社のなかの2つの編集部ではなく、異なる出版社の編集部が協力するのはきわめて異例。この新しい試みにファンがどのような反応を見せるか注目される。

【関連リンク】
「主婦の友」休刊、90年の歴史に幕
「ジャンプスクエア」創刊2号も異例の6万部増刷
「コミック・ガンボ」休刊の原因は広告不振、版元は負債2億円で事業停止
「無料」でも続かなかった…マンガ週刊誌「コミック・ガンボ」創刊1年で休刊
無料週刊マンガ誌「コミック・ガンボ」、江川達也ら人気作品を単行本化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/28 09:40 https://markezine.jp/article/detail/2818

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング