MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AIでLINEの友だち一人ひとりに最適なメッセージを Appierが語る企業のAI活用と展望

2018/04/11 10:30

 AIテクノロジー企業のAppierは2018年4月10日に「Appier Press & Analyst Summit 2018」を開催し、「LINE ビジネスコネクト」との連携や企業におけるAI活用について説明した。

AIでLINEの友だち一人ひとりに最適なメッセージを

 Appierの提供するアイソンはAIにより、オーディエンス分析・予測を可能にするプラットフォームだ。LINE ビジネスコネクトとの連携を実現したことにより、LINE ビジネスコネクトを使用する企業は、AIで分析した自社のフォロワー(友だち)に関するインサイトを入手することができるようになる。それにより、フォロワー一人ひとりに適切なメッセージを配信することが可能になる。

 アイソンのAIエンジンはLINEユーザーのIDと、20億を超えるユーザーやデバイスから構成されるAppierのCrossXデータベースを照合する。この照合結果から、フォロワーの関心キーワードや趣味嗜好を参照し、セグメントすることができる。さらにアイソンはオーディエンス予測機能を提供。LINE ビジネスコネクトを導入している企業は、こうしてセグメント化された、高いコンバージョンが予想されるターゲットオーディエンスに対して最適化したメッセージを配信することが可能となる。

 フォロワーがECサイトに訪問したが、商品を購入しなかった場合、ユーザー企業はこのフォロワーに対してLINE上で購入を促すクーポンなどを提示するといったことが実現できる。

イベントではAppier製品担当マネジャーのベン・チャン氏によるデモも行われた
イベントではAppier 製品担当マネジャーのベン・チャン氏によるデモも行われた

 Appierのプロダクトマネジメント担当ヴァイスプレジデントのマジック・ツー氏は「LINEの公式アカウントを持つ広告主の間ではブロック率をどう抑えるかが課題となっています。また、LINE側としても配信されるメッセージをアクションにつなげていきたいというニーズがあります。その2つを解決するのが、ユーザー個人の興味関心にマッチしたパーソナライズドされたメッセージの発信です。アイソンの活用によりそれが実現できるでしょう」と述べた。

Appierプロダクトマネジメント担当ヴァイスプレジデントのマジック・ツー氏
Appier プロダクトマネジメント担当ヴァイスプレジデントのマジック・ツー氏

 日本、台湾、タイ、インドネシアのアイソンとLINE ビジネスコネクトのユーザー企業は、2018年6月以降、この連携プラットフォームを利用することができる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5