SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYメディアパートナーズとエイベックス・マネジメント、VR映像領域で新事業をスタート

 博報堂DYメディアパートナーズは、エイベックス・マネジメントと共同で、VR映像によるブランデッドムービーソリューション「VR Story Seek」の提供を開始した。

 具体的には、博報堂DYメディアパートナーズがクライアントの課題解決を、エイベックス・マネジメントがキャスティングと楽曲タイアップを、エイベックス・グループのエイベックス・エンタテインメントが映像制作を担当。それぞれの強みを活かすことで、映画の様なストーリー性の高いVRブランデッドムービーを制作し、VRならではの映像表現により、深いブランド体験を実現する。

 また、「VR Story Seek」による初の映像作品の発表は、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2018」に設立されたVR部門「VR SHORTS」の六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース会場にて実施される。なお、今回発表される映像作品の制作には、VRの配信システムを担うゲートウエイ、立体音響システムを持つゼンハイザージャパン、メディアパートナーの日経BP総研の3社も関わっている。

 博報堂DYメディアパートナーズとエイベックス・マネジメントは、VR映像によるブランデッドムービー事業におけるノウハウを蓄積し、VRを活用するエンタテインメント領域の新手法を開発していくとともに、今後の企業のマーケティング活動をより多面的に支援していく。

【関連記事】
「AbemaTV」がスマートフォンVRプラットフォーム「Daydream」に対応を開始
デジタル時代のテレビメディアとは?ビデオリサーチ、「VR FORUM 2018」開催
グリー、1,830万ドルで「GVR Fund」のファンド組成を完了 主な出資者はヤフー、コロプラなど
博報堂グループのクラフター・VAIO・東映が共同で「VR映画事業」の展開へ
VR・AR内のユーザー行動を可視化しマーケティングに活用!オプト、新プラットフォームを共同開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/23 13:45 https://markezine.jp/article/detail/28309

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング