MarkeZine(マーケジン)

記事種別

トレジャーデータとソフトバンクが協業~データドリブンなマーケティング事業の拡大へ

2018/05/08 11:15

 トレジャーデータとソフトバンクは、データドリブンなマーケティング事業の拡大に向け、協業に合意した。今回の協業では、トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」とソフトバンクの広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」の連携を視野に入れている。

 「TREASURE CDP」は、オンライン広告やマーケティング、CRM領域のデータをはじめ、顧客の行動データや属性データなどを統合するカスタマーデータプラットフォームだ。トレジャーデータは、様々な企業が提供するマーケティング関連ツールやサードパーティーデータと「TREASURE CDP」との連携を進めることで、企業のパーソナライズを軸としたデジタルトランスフォーメーション実現に取り組んでいる。

 一方ソフトバンクは、自社の独自データを活用したターゲティングが可能な広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」を展開。O2Oソリューションをはじめ、ネット広告の販売やデジタルマーケティングサービスも提供してきた。

 両社は、これまでの実績や事業の強みを活かしながら、データドリブンなマーケティング活動に欠かせない顧客独自のカスタマープラットフォームの構築を推進。そこに蓄積されるファーストパーティーデータを活用したデジタルマーケティングサービスの提供によって事業拡大を目指す。

 なお、今回の協業では、ソフトバンクがトレジャーデータからカスタマーデータプラットフォーム構築に必要なノウハウの提供を受け、2018年5月1日から「TREASURE CDP」の販売を開始する。

 さらに、今夏には「TREASURE CDP」と「SoftBank Ads Platform」の連携も実施。顧客のファーストパーティーデータとソフトバンクの独自のデータを掛け合わせたセグメントを対象に適切なメッセージを送ることで、効率的かつ効果の高い広告配信の実現を目指す。

【関連記事】
LINEに対抗か NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク、SMSメッセージサービスを拡充
ソフトバンク子会社とアイティメディアが新会社設立 IT製品のレビューメディア事業を展開
トレジャーデータの「TREASURE CDP」、Appierの「AIXON」と連携開始
「ScaleOut DSP」、「TREASURE CDP」とデータ連携 会員情報などを広告配信に活用
NTTデータ、行動データを活用したリアルタイムマーケティングのソリューション提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5