SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トレジャーデータとソフトバンクが協業~データドリブンなマーケティング事業の拡大へ

 トレジャーデータとソフトバンクは、データドリブンなマーケティング事業の拡大に向け、協業に合意した。今回の協業では、トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」とソフトバンクの広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」の連携を視野に入れている。

 「TREASURE CDP」は、オンライン広告やマーケティング、CRM領域のデータをはじめ、顧客の行動データや属性データなどを統合するカスタマーデータプラットフォームだ。トレジャーデータは、様々な企業が提供するマーケティング関連ツールやサードパーティーデータと「TREASURE CDP」との連携を進めることで、企業のパーソナライズを軸としたデジタルトランスフォーメーション実現に取り組んでいる。

 一方ソフトバンクは、自社の独自データを活用したターゲティングが可能な広告配信プラットフォーム「SoftBank Ads Platform」を展開。O2Oソリューションをはじめ、ネット広告の販売やデジタルマーケティングサービスも提供してきた。

 両社は、これまでの実績や事業の強みを活かしながら、データドリブンなマーケティング活動に欠かせない顧客独自のカスタマープラットフォームの構築を推進。そこに蓄積されるファーストパーティーデータを活用したデジタルマーケティングサービスの提供によって事業拡大を目指す。

 なお、今回の協業では、ソフトバンクがトレジャーデータからカスタマーデータプラットフォーム構築に必要なノウハウの提供を受け、2018年5月1日から「TREASURE CDP」の販売を開始する。

 さらに、今夏には「TREASURE CDP」と「SoftBank Ads Platform」の連携も実施。顧客のファーストパーティーデータとソフトバンクの独自のデータを掛け合わせたセグメントを対象に適切なメッセージを送ることで、効率的かつ効果の高い広告配信の実現を目指す。

【関連記事】
LINEに対抗か NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク、SMSメッセージサービスを拡充
ソフトバンク子会社とアイティメディアが新会社設立 IT製品のレビューメディア事業を展開
トレジャーデータの「TREASURE CDP」、Appierの「AIXON」と連携開始
「ScaleOut DSP」、「TREASURE CDP」とデータ連携 会員情報などを広告配信に活用
NTTデータ、行動データを活用したリアルタイムマーケティングのソリューション提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/08 11:15 https://markezine.jp/article/detail/28359

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング