SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユーザー数25万人突破記念、仮想通貨「モリタポ」とAmazonギフト券が交換可能に

 1ポイント=0.1円の仮想「モリタポ」は、運営会社である未来検索ブラジルから購入(2000円以上から)するほか、自分でつくったプログラムや作品を公開してほかのユーザーからもらったり、オークションで売買することで入手できる。利用可能なサービスとしては、同社が運営する「2ちゃんねる検索」や「モリタポゲーセン」などがある。

 同社が運営するWeb出版サービスサイト「Texpo(テキスポ)」で発表された、モリタポとAmazonギフト券の交換手順は次のとおり。まず「テキスポ」のアカウントをつくって「モリタポ」アカウントとの関連付けを行い、交換所で希望のAmazonギフト券の金額を入力するとモリタポが引き落とされる。その数日後には「テキスポ」アカウントのメールアドレスにAmazonギフト券が届くという。

 Amazonギフト券は、1枚あたり500円から5万円の範囲で注文することが可能で、1回の注文の限度額は設定されていない。ギフト券と交換してモリタポが引き落とされる際には手数料10%が加算される。ギフト券との交換所は、2008年3月末まで公開テスト運用となるが、テスト期間でも実際に交換することは可能となっている。

 これまでは、ネットで作品を公開しているクリエイターへの評価を表す「Web拍手」や「Web投げ銭」的な使い方をされてきたモリタポだが、Amazonギフト券との交換によって、実際に本やDVD、洋服や食べ物を買うこともできるようになる。未来検索ブラジルは新サービスによって「もしかしてモリタポの使われ方が変わるかもしれない」というコメントを発表している。

【関連リンク】
2ちゃんねる検索「ネット流行語大賞」募集スタート、途中経過で「初音ミク」が2位!
未来検索ブラジル、気になる商品やサービスについて語り合う「ドーヨ?」試験版を公開
Webでひらく本をつくる2つのサービス「BCCKS」と「Texpo」
セカンドライフでも金融不安? 不正な仮想銀行の活動を禁止

「モリタポをアマゾンギフト券と交換できるようにしました」(秘密基地ブラジル)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング