SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

テレビCMと動画広告の最適な接触回数とは? CyberBullと資生堂ジャパンが共同検証を実施

 CyberBullは、資生堂ジャパンと共同で、広告主企業がマス広告とデジタル広告の統合管理をしやすい環境構築を目指し、生活者の認知をもっとも効率的に高めるためのテレビCMと動画広告の最適な広告接触回数の検証を実施した。

 検証において、CyberBullは調査機関と連携し、テレビCMの放送翌日に生活者の広告接触状況および認知率を集計、調査の結果をもとに認知の低いエリアに動画広告を配信する運用体制を構築。これにより、テレビCM放送期間中にリアルタイムでブランドリフトの最適化を図りつつ、マス広告およびデジタル広告との媒体横断時における最適な広告接触回数を可視化した。

 2017年12月に実施した資生堂の3ブランドにおける検証の結果、認知を効率的に向上させるために必要な広告接触回数には一定の傾向があることが判明した。CyberBullは、今後も検証を重ねることによって、ブランド広告におけるマス/デジタルの統合マーケティング管理のさらなる精度向上を目指す。

【関連記事】
スマホ動画広告とTVCM、視聴後のアクションにつながるのは?/年代で違い【CyberBull調査】
CyberBull、マイクロアドデジタルサイネージと動画広告商品を提供 デジタル上から店頭をカバー
CyberBull、ブランディング広告に特化したクリエイティブチームを設立 社外アドバイザーも就任
CyberBull、Twitterと連携した動画広告の提供開始 生活者の声をクリエイティブに活用
CyberBull、動画の自動再生に特化したLPツール「SHARK」リリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング