MarkeZine(マーケジン)

記事種別

米国で1,000社以上が導入するデジタルサイネージ管理システムENPLUG 顔認識システム機能を追加

2018/06/06 15:00

 サガシキは、デジタルサイネージ管理システム「ENPLUG」の新機能ENPLUG Analytics Series「顔認識システム」の提供を6月8日から開始すると発表した。

 「ENPLUG」は、米国で1,000社以上が導入するシステム。同国では主にイベントや会議など様々なビジネスシーンで活用されており、直感的な操作性で誰でも簡単かつスマートに使えて、あらゆるディスプレイに最適なコンテンツを配信できる特徴を持つ。

 新たに実装されたシステムは、サイネージを見た消費者の「年齢・性別・視聴時間」に関する情報を記録できる。デジタルサイネージのロケーションや配信されるコンテンツを正しく評価することで、より発展的な企業のマーケティング支援を可能にする。

 同社は現在、広告配信システムと「顔認識システム」の仕組みを利用した配信システムの構築に着手している。将来的には、視聴者の属性値から最適なコンテンツを表示する仕組みを提供したい考えだ。

【関連記事】
顔認識AIが性別・年代・表情を推定しお勧めの本を紹介!sMedioとトーハン、AI書店員を開発
LINE、ライブ中継画面を共有しながらトークできる「チャットライブ」機能を公開
IPSA、顔認識で自分だけの音楽が生成できるミュージックジェネレーター「FACE MELODY」公開
小田急エージェンシーと電算システム、データドリブン型広告へ向けデジタルサイネージ実証実験開始
アライドアーキテクツ、メディアフラッグとサイネージ活用したプランを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5