SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Appier、ビューアビリティとブランドセーフティを検証するツールとAPI連携を開始

 Appierは6月11日、ビューアビリティ計測ツール「MOAT」とブランドセーフティ機能を提供する「Grapeshot」とのAPI連携を発表した。

 これにより、広告主は同社のプラットフォーム「CrossX AIプラットフォーム」を通じて、上記ツールを利用することが可能になった。

 ブランドセーフティに関して、同社はディスプレイ広告や動画が適切なサイトに表示されているか、サイト上で正確に表示されているかなどの検証をGrapeshotに依頼する。

 ビューアビリティの確認にあたっては、MOATの分析テクノロジーと連携。配信する広告にMOATのタグをつけることで、Appierのシステム上でMOATのビューアビリティ計測レポートを確認できる。

 Grapeshotのブランドセーフティスコアは同レポートに掲載されるため、導入企業はビューアビリティとブランドセーフティの両方を同時に検証でき、厳密に管理、最適化することが可能になった。

 アドフラウドやアドブロックツールが増加するなか、同社はMOATおよびGrapeshotとのAPI連携により、多様なデバイス上で展開する運用型広告の状況を正確に把握できるようにする狙いだ。

【関連記事】
LTVが高いユーザーを自動抽出 Appier、「CrossX ターゲティング」機能を強化
トレジャーデータの「TREASURE CDP」、Appierの「AIXON」と連携開始
Momentum、企業ごとにブランドセーフティのロジック作成可能に 富士通が約12%のリスクを削減
「MarketOne」がIASと連携 全広告キャンペーンのアドフラウド排除をスタート
モメンタム、国内巨大漫画ストリーミングサイトでのアドフラウド「ドメインスプーフィング」を検知

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング