MarkeZine(マーケジン)

記事種別

UZEN、クラウドPOSレジ「スマレジ」とAPI連携 オムニチャネル運用を実現

2018/06/15 12:30

 UZENが運営する国内/越境ECプラットフォーム「G1 Commerce(ジーワンコマース)」は、スマレジのクラウドPOSレジ「スマレジ」との連携を開始した。

 「G1 Commerce」は、様々な業種における中大規模のECサイト構築やコンサル経験をベースに開発された、国内外対応のECプラットフォーム。カート機能や統計および分析機能、プロモーション機能のほか、多言語対応などの越境を前提とした機能を備えている。

 一方、「スマレジ」は、iPadやiPhoneを用いた低価格かつ高機能なPOSレジだ。データをクラウド上で一元管理しているため、時間と場所を選ばないリアルタイムな売上分析ができる。小売やアパレル、飲食店など多くの業態に対応し、小規模から大規模チェーンまで広く利用できる特徴を持つ。

 今回、連携の第一弾として、パルコ直営ECサイトの「ミントデザイン」に採用された。ECサイト側の会員、商品、在庫といったデータと店舗側の売上データがリアルタイムで統合可能なため、双方からの働きかけで販売機会を損失することなく拡大できる。

 それだけでなく、店頭でのEC会員ポイント使用や店舗在庫のEC販売が可能だ。EC側で店舗の在庫商品を引き当てるだけでなく、決済と連携してEC側で売上まで立てるといった、新たなオムニチャネル運用環境を実現できる。

【関連記事】
「KARTE」が「STAFF START」と連携 販売員を軸に店舗とECのオムニチャネル化を推進
オプト、「オムニチャネルイノベーションセンター」を設置 小売業などのデジタルシフトを支援
パーソルテンプスタッフ、「オムニチャネル型」販売職の育成・派遣サービスを開始
アディダス ジャパン、Googleの「ローカル在庫広告」を導入 ユーザー体験のオムニチャネル化を強化
電通、オランダのオムニチャネルCRM会社「オクシマ」の株式78.8%取得へ 欧州地域での成長を加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5