SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画視聴時の表情からユーザーの感情をAIで分析!「GlassView Emotion」がリリース

 動画広告配信ソリューションを提供するGlassView(グラスビュー)は、RealEyes(リアルアイズ)のAIを用いた顔認識技術を活用し、視聴者の表情から「感情」を測定する動画広告配信サービス「GlassView Emotion(グラスビュー エモーション)」の提供を開始した。

表情から感情を分析し、ダッシュボード上で動きを確認できる
表情から感情を分析し、ダッシュボード上で動きを確認できる

 同サービスでは、動画広告を見ている視聴者の一つひとつの微細な顔の動作を、基本的な感情指標である「喜び」「驚き」「混乱」「悲しみ」「嫌悪」「恐れ」に分類。その結果をほぼリアルタイムでダッシュボードに反映する。これにより、これまで定性的な目視やアンケートでしか確認できなかった「動画のどの瞬間に一番いい反応をしているか」といったことを、定量的に把握することが可能になる。

 同サービスを活用することで、広告主は動画広告に対する受容セグメント(地域別、性別、年齢別)の発見や、ターゲティングの最適化、動画広告クリエイティブのA/Bテストなどを行うことができる。

 すでに米LGエレクトロニクス社や、カリフォルニア州ロザンゼルスの観光プロモーションにおいて活用されており、高い効果を出している。

【関連記事】
AIで動画視聴時の感情を分析!表情解析Web調査サービス「Emotion Capture」登場
感情を認識するAIがウェディングドレスを彩る!女子にウケたAI活用事例【東京ガールズコレクション】
emin、DGCと連携 Web上のユーザー行動・感情を可視化できる「リアル接客支援ツール」を販売開始
ネット広告・サイト接触者の意識や感情データを聴取する「イード・アクセスログリサーチ」提供
消費者の動画広告への感情データを可視化!動画アドテクのアンルーリー、「Unruly Pulse」発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング