SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNS上のクレームに自動対応!イー・ガーディアン「ゲーム向けアクティブサポートサービス」を提供開始

 イー・ガーディアンは、SNS上でのゲームに関する投稿を発見し、自発的にフォローや対応を行う新サービス「ゲーム向けアクティブサポートサービス」の提供を開始した。

 ゲーム業界では、ゲームや運営に対する口コミやクレームが、SNS上など、サービス提供者にダイレクトに届かない形で発信されることが多く、トラブルの種を見逃してしまうという課題があった。同社調査によると、電話での問い合わせ件数に対し、Twitter上でアクティブサポートの対象となる内容の投稿数は、約2.8倍、多いものでは約7.2倍にも上るという数値も出ている。

 このような背景から、同社はこれまで培ってきたアクティブサポートやゲームサポートサービスのノウハウを活かし、ゲームに特化した「ゲーム向けアクティブサポートサービス」の提供を開始した。

 同サービスでは、公式アカウントとは別に、アクティブカスタマー専用のアカウントを開設。ゲームのキャラクターがユーザーに対してリプライやアクションを行う。同社調査によると、運営事務局としてのアプローチを行った場合に比べて、返信率が平均3倍高いという。

 なお同サービスでは、TwitterやFacebook以外にも、App StoreやGoogle Playのユーザーレビューや、英語・中国語などの多言語対応など、様々な条件での対応も可能だ。

【関連記事】
イー・ガーディアン、動画監視に特化したAI「TextVoice」の提供開始
イー・ガーディアン、「ライブコマースパトロール」の提供を開始 配信動画のリアルタイムモニターなど行う
イー・ガーディアン子会社のリンクスタイル、ウェブ広告業界に特化した育成型派遣事業を開始
イー・ガーディアン LINE公式アカウント運用代行サービスを開始
ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」、「不適切コンテンツ判定フィルタ」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/23 08:00 https://markezine.jp/article/detail/28919

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング