SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

チャットブック、会話履歴から顧客の「見込み度」を数値化する新機能を発表

 チャットブックは7月27日、チャットボットサービス「チャットブック」に「AIスコアリング」機能を実装したことを発表した。

 「チャットブック」は、Facebookのメッセンジャー上でユーザーと自動会話するチャットボットを提供するサービス。チャットボットによって顧客獲得活動を自動化し、より効率的なマーケティング活動を支援する。

 これまで、見込み顧客を多く抱える企業においては、顧客の確度判定に工数を要し、判定が属人的になってしまうという課題があった。

右側に表示されているのが、AIによるスコア

 今回発表された「AIスコアリング」機能では、見込み顧客の行動履歴をAIが解析することで、客観的な評価を実現。「メッセージ数」「回答にかかった時間」「回答への反応率」といった行動データを独自のアルゴリズムが分析し、ユーザーを10段階で評価する。

 これにより、企業の商品やサービスに対して高い興味・関心を持つユーザーから順番にアプローチできるようになった。また、見込み顧客のフィルタリングの工数を削減することで、業務の効率化にも貢献する。

【関連記事】
「SYNALIO」がMAツール「SATORI」と連携 ユーザーごとにチャットボットの出し分けが可能に
CTC、チャットボットの開発プラットフォーム「Benefitter」を提供開始
パーソルグループ会社、Facebook広告×チャットボットで会員登録率を約3倍に
コンシェルジュとネットフロンティア、AIチャットボットによるFacebook広告サービスの提供を開始
サイバーエージェントのAI研究開発組織、大阪大の石黒教授とチャットボットに関する特許を共同出願

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング