SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YouTuber動画のブランディング効果を可視化!CA Young Labの「iBOS」に新機能

 サイバーエージェントの連結子会社で、若年層マーケティング事業を手掛けるCA Young Labは、同社が提供するインフルエンサープロモーションの最適化システム「iBOS(アイボス)」において、YouTuber動画のブランドリフト効果を測定する新機能を追加したことを発表した。

 「iBOS」とは、多様化するインフルエンサープロモーションにおいて、同社が独自の基準で設けたガイドラインや管理体制により、企業とインフルエンサー両者の意向を尊重しながら、プロモーションの最適化を実現するソリューション。

「iBOS」機能一覧
「iBOS」機能一覧

 新たに追加したYouTuber動画のブランドリフト測定機能では、特定のYouTuber動画を視聴したユーザーに対してアンケート調査を実施し、インフルエンサープロモーション動画におけるブランディング効果を可視化。該当の広告接触者と非接触者のブランドに対する認知、好意度、利用意向などを比較し、その差異を効果として計測することが可能になる。

YouTuber動画の「ブランドリフト測定機能」レポーティングイメージ
YouTuber動画の「ブランドリフト測定機能」レポーティングイメージ

【関連記事】
CA Young Lab、10代インフルエンサーへの商品サンプリングサービスをリリース
CA、PARTYと新会社「CYPAR」を設立 AI×クリエイターで次世代ソリューション構築を目指す
CA、ブランディング広告向けDSP「Skyrocket」をリリース サイト滞在時間の最大化を目指す
CA Young Lab、YouTube動画のリスク探知ツール「Risk Hack」をリリース
サイバーエージェント、CA Wiseの不正検知ツールを強化 アプリ開発企業と連携し広告効果の数字検証

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/02 18:44 https://markezine.jp/article/detail/28995

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング