MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始 ブランドセーフティーの取り組みを強化

2018/10/04 14:00

 マイクロアドは10月3日、DSP「MicroAd BLADE」において、広告取引の健全性・安全性強化を目的に「BrandSAFE list」の提供を開始した。

 同社はこれまで、DSP「MicroAd BLADE」において、任意のドメインやURLを登録することで配信先の制御を可能にする「ブラックリスト」および「ホワイトリスト機能」を提供してきた。

 今回提供開始となった「BrandSAFE list」は、同社が広告配信先の中から法人運営メディアのみを選定し、個々のメディアに対して目視確認による審査を行ったドメインリストだ。同リストを利用することで広告主は、ブランド棄損リスクへの対応が可能になる。

【関連記事】
IPアドレスでターゲティングできるDSP「どこどこad」がマイクロアドのSSPとRTB接続を開始
マイクロアドのSSP「MicroAd COMPASS」、強制リダイレクト広告の検知対策をスタート
マイクロアド、ソフトブレーン・フィールドと業務提携~O2Oマーケティング支援事業をスタート
マイクロアド子会社、シーセンス、インプレスと提携 「Impress Watch」のデータで広告配信
マイクロアド、DSP「SoftBank Ads Platform」で動画広告配信サービス提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5