SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

地域の顧客データを可視化!JTB、地域観光マーケティングを支援する「エリア アナライザー」を開発

 JTBは、自治体や日本版DMO(Destination Management Organization)に向けて、データを活用した地域観光マーケティングを支援するクラウドサービス「エリア アナライザー」を開発した。

「エリア アナライザー」イメージ
「エリア アナライザー」イメージ

 「エリア アナライザー」は、地域の顧客(来訪者・見込み来訪者・居住者)に関する様々なデータを取得・集計し、分析しやすいよう可視化を行う。これによって、具体的な観光商品の開発や改善、プロモーションなどの実施に貢献する。

 また同サービスは、拡張可能で汎用的なクラウドサービスのため、柔軟なカスタマイズにも対応。目的や規模、活用期間に合わせた仕組みを構築することができる。

 たとえば、IoTセンサー活用による移動データとの連携で、オンラインやオフライン広告施策との関連性を検証することも可能だ。他にも、紙やFAXで実施していたエントリーシステムをクラウド上で自動的にグラフ化するなど、業務負荷の軽減にも期待ができる。

【関連記事】
Bizcast、3億円の資金調達を実施 JTBとの協業も開始
JTB国内旅行企画、YouTuber活用したプロモーション展開〜サイトのPV数は通常時の7倍に
JTBとパナソニック、ヤマトホールディングス、3社共同で訪日外国人向けサービスの実証実験を実施
JTB、訪日観光客誘引の仕掛けとECを活用した食品輸出事業をスタート
JTBとソフトバンク、インバウンドビジネスにおいて戦略的提携~アリババグループの旅行サイトに出店

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/11 12:00 https://markezine.jp/article/detail/29422

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング