MarkeZine(マーケジン)

記事種別

地域の顧客データを可視化!JTB、地域観光マーケティングを支援する「エリア アナライザー」を開発

2018/10/11 12:00

 JTBは、自治体や日本版DMO(Destination Management Organization)に向けて、データを活用した地域観光マーケティングを支援するクラウドサービス「エリア アナライザー」を開発した。

「エリア アナライザー」イメージ
「エリア アナライザー」イメージ

 「エリア アナライザー」は、地域の顧客(来訪者・見込み来訪者・居住者)に関する様々なデータを取得・集計し、分析しやすいよう可視化を行う。これによって、具体的な観光商品の開発や改善、プロモーションなどの実施に貢献する。

 また同サービスは、拡張可能で汎用的なクラウドサービスのため、柔軟なカスタマイズにも対応。目的や規模、活用期間に合わせた仕組みを構築することができる。

 たとえば、IoTセンサー活用による移動データとの連携で、オンラインやオフライン広告施策との関連性を検証することも可能だ。他にも、紙やFAXで実施していたエントリーシステムをクラウド上で自動的にグラフ化するなど、業務負荷の軽減にも期待ができる。

【関連記事】
Bizcast、3億円の資金調達を実施 JTBとの協業も開始
JTB国内旅行企画、YouTuber活用したプロモーション展開〜サイトのPV数は通常時の7倍に
JTBとパナソニック、ヤマトホールディングス、3社共同で訪日外国人向けサービスの実証実験を実施
JTB、訪日観光客誘引の仕掛けとECを活用した食品輸出事業をスタート
JTBとソフトバンク、インバウンドビジネスにおいて戦略的提携~アリババグループの旅行サイトに出店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5