MarkeZine(マーケジン)

記事種別

impactTV、NTT東日本らと「デジタルサイネージ×ロボット」のマーケ活用を目指し共同研究を開始

2018/10/15 12:45

 impactTVは、同社のデジタルサイネージソリューション「PISTA」と、フライトシステムコンサルティングのロボットコンテンツ制作/マネージメントサービス「Scenaria(シナリア)」との技術連携を行った。またNTT東日本が提供するクラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」を活用し、コミュニケーションロボットのマーケティング分野におけるビジネス研究を開始した。

 研究では、デジタルサイネージ(PISTA端末)に搭載された人感センサーを活用し、「Scenaria」でコミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」の発話タイミング、内容を制御。人感センサー検知によって、消費者が近づいた際にコミュニケーションロボットが呼びかける。サイネージの再生コンテンツにシンクロした発話や挙動を行うことで、通行者からのアテンションアップを狙う。

 また同時に、通行人数、注視者の属性や注目時間をデータ計測・分析。ロボット型UIのマーケティング活用について市場性評価を行っていく。

連携イメージ

連携イメージ

【関連記事】
Nextremer、impactTVと連携 対話型AIを搭載した「店舗用小型サイネージ」の開発を推進
棚前の消費者属性&行動を可視化!impactTV、「ADVANCE PRO」をリリース
impactTV、オンラインでコンテンツ管理・配信が可能な7インチサイネージを発売へ CM連動も可能
ビズライト・テクノロジー、埼玉高速鉄道と連携/デジタルサイネージを活用した新規メディアの構築目指す
資生堂ジャパン、NKBと「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5