SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、トヨタのナビ基盤を「Clova Auto」と統合 ナビ機能搭載アプリを2019年に提供へ

 LINEは、トヨタ自動車(以下、トヨタ)のナビゲーション基盤を「Clova Auto」と統合し、ナビゲーション機能を備えたスマートフォンアプリの提供を2019年夏から開始する。

 「Clova Auto」は、LINEが提供するAIアシスタント「Clova」と車の連携を可能にするサービス。今回の連携によってユーザーは、ドライブ中でも「家の電気の消灯」「目的地の天気検索」「LINEメッセージの送受信」といったことが音声で行えるようになる。また、目的地検索やカーナビゲーション機能も提供することで、車に関するユーザーのニーズをワンストップで実現。

 さらに同サービスは、車載器とスマートフォンを連携するSmart Device Link(SDL)に対応しているため、ハンドルの音声コントロールボタンや地図といった情報を車載ディスプレイ上に表示することができる。

 一方、トヨタのナビゲーション基盤は、ユーザーの走行情報から生成した独自の道路交通情報をもとに、より短時間で到着する最適なルートを探索。通信圏外や、案内されているルートから逸脱した際のルート再検索など、素早い応答が求められるときは、ローカルのルート探索処理に切り替えることができる。

 LINEは今後同サービスを通じて、車内での音声操作や、両社が持つビッグデータを活用した精度の高い道路状況予測およびパーソナライズされたナビゲーションを実現していく考えだ。

【関連記事】
アライドアーキテクツ、LINEのトークルーム上で参加まで完結するキャンペーン施策の支援を開始
チケットの検索から購入・入場までをLINE上で完結! LINE TICKETがサービスをリリース
トーク上で「LINE Pay」決済が可能に!予約代行サービス「ペコッター」のアカウントで導入開始
ソフトバンクとトヨタ自動車、戦略的提携に合意 新会社「MONET Technologies」を設立
トヨタ自動車とUberが協業を拡大 自動運転技術を活用したライドシェアサービスの開発促進へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/15 16:30 https://markezine.jp/article/detail/29476

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング