SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

1位は成長率6,000%のエアークローゼット!ITやメディア業界で急成長中の企業は?【トーマツ調査】

 トーマツは10月19日、過去3決算期の売上高にもとづく企業の成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年 日本テクノロジー Fast 50」を発表した。

これまでランクインした企業における売上高規模の推移

 同ランキングの対象となる事業領域は、「ハードウエア(半導体や部品・コンピュータ、周辺機器など)」「ソフトウェア(アプリ、各種管理運用システムなど)」「通信(インターネット、クラウドサービスなど)」「メディア(広告やマーケティング、Eコマースなど)」「ライフサイエンス(バイオ、製薬など)」「クリーンテック(再生技術やエネルギー貯蔵、機器など)」の6つの領域。

 今回1位を獲得したのは、オンラインファッションレンタルサービスを提供するエアークローゼット。成長率は6,048%だった。続く2位を獲得したのは、スマートデバイス向けフルネイティブアプリ・ゲームの企画・開発を行うワンダープラネットで、成長率3,788%を達成した。そして3位には、CXプラットフォーム「KARTE」の開発・提供を行うプレイドがランクイン。成長率は2,039%だった。

 同ランキングにおける成長率の平均は約491%。成長率1,000%以上を達成した企業は計5社で、今回ランクインをした企業全体の10%を占める結果になった(図表1)。また、事業領域の割合で最も多かったのは「ソフトウェア」の19社で、全体の38%だった(図表2)。

 同ランキングには他にも、ドローン・IoTデバイス開発などを行うハードウエア領域や、遠隔監視技術による運営管理を展開するクリーンテック領域からも複数の企業がランクイン。社会を支える様々な領域で、テクノロジーを基盤とした新しいサービスが生まれていることが明らかになった。

【関連記事】
キャッシュレス決済を起点にデータ活用促進 トーマツ、戦略立案アドバイザリーサービスを開始
デロイト トーマツとSAPジャパン、次世代デジタルソリューション群を日本企業向けに提供開始
テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
ながら視聴は全世代共通/情報取得で最も利用するチャネルは?【デジタルメディア利用実態調査】
DTCの社内カンパニー「デロイト エクスポネンシャル」発足~日本企業の市場創造と成長を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/22 12:45 https://markezine.jp/article/detail/29523

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング