MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホ広告の出稿量は「Tik Tok」が2位、第1位は?【ビデオリサーチインタラクティブ調査】

2018/10/23 18:30

 ビデオリサーチインタラクティブは、同社のスマートフォン広告統計サービス「SmartPhone Ads Report」を基に、2018年上半期(4月~9月)のスマートフォン広告出稿状況を発表した。

インプレッション数、最多はゲームアプリの「荒野行動」

 スマートフォン広告の推定インプレッション数が最も多かった銘柄は、NetEase Gamesのゲームアプリ「荒野行動」。BYTEMODのショート動画配信アプリ「Tik Tok」がそれに続く。また、「pairs」「with」「omiai」「Dine」などのマッチングアプリが出稿量上位を占めた。

 なお、上半期で13,000強の銘柄で出稿が確認されているが、出稿量の上位20銘柄で、総インプレッション数の25.4%を占めている。

出稿量が多いのは「ゲーム」「結婚情報関連」「人材派遣・人材斡旋」

 次に、出稿量を商品の種類でまとめると、出稿量は多い順に「ゲームコンテンツ」「結婚情報関連会社」「人材派遣・人材斡旋会社」という結果に。出稿量上位10のカテゴリーで、総インプレッション数の49.6%と、ほぼ半数を占めている。

ディスプレイ・動画広告とスマホ広告のシェアを比較すると……

 より大きく商品を分類してみると、出稿量は「IT関連」が36%と最も多くを占め、結婚情報などの「他のサービス」が17%で続き、2つのカテゴリーで過半数を占める結果となった。

 また、同社のPCネット広告統計サービス「Web Ads Report Advance」における同期間のディスプレイ・動画広告出稿量シェアと比較すると、上記2カテゴリーはPC広告よりもスマートフォン広告のシェアが相対的に高く、逆に「金融・保険・証券」はスマートフォン広告のシェアが低いことがわかった。

2018年上期のスマホ出稿社数は8,580社

 2018年上半期のスマートフォン広告出稿社数は、8,580社。出稿社数を業種別にみると、職業紹介や教育、美容・エステなどの「その他のサービス」が32%と最も多くを占め、「IT業種」「製造業」がそれに続いた。PC広告出稿社の業種別シェアと比較しても、それほど大きな差は見当たらない。

【調査概要】
調査主体:ビデオリサーチインタラクティブ
調査期間:2018年4月~9月
調査方法:主要なアプリ・スマートフォン専用サイトから選定した広告スペースを対象に、実際にスマートフォン端末を使用して広告素材を取得

【関連記事】
興味のある商品なら好印象!10代女子のスマホ広告への態度が明らかに【GMOメディア調査】
ウエディングパーク、位置情報を活用したスマホ広告商品「WPロケーションアド」をリリース
スマホ広告のリーチをシミュレーション VRI、「Mobile Reach MAX」の提供を開始
CyberZ、スマホ広告における認知獲得まで一貫して支援する専門組織「ブランドテクノロジー局」を設立
インターネット広告市場、スマホ広告が6割占める/ソーシャル広告、163%成長【CCI、D2C調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5