SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

野村総研、マーケティング支援ツールの提供を開始 8,600万通り以上のターゲット設定が可能に 

 野村総合研究所は10月26日、広告効果測定プログラム「INSIGHT SIGNAL(インサイトシグナル)」のシングルソースデータを用いたマーケティング支援ツール「Insight Palette(インサイトパレット)」をリリースした。

 「Insight Palette」では、生活者の属性や趣味、価値観、消費行動などを組み合わせたターゲットの設定が行える。ターゲットのパターンは8,600万通り以上にのぼり、希望する条件に沿った生活者分析が可能だ。製品開発をはじめ、販売や広告・プロモーションにおいても幅広い活用が期待できる。

 たとえば、単なる「お茶飲料のユーザー」といったグループ設定ではなく、「都内在住/フルタイムで働く既婚女性/30~40代/お茶飲料ユーザー」など詳細なターゲットの設定に対応している。

 設定したターゲットグループについては、性別や年代、価値観などが同ツール内の「プロフィールシート」で確認でき、利用するメディアに関する情報は「メディア接触シート」で可視化される。200項目以上の細かな情報が表示されるため、生活者の特徴をひと目で把握することができる。

 他にも同ツールでは、広告の出稿計画を入力することによって、設定したターゲットグループがどの程度該当の広告に接触するかのシミュレーションを実施。複数のメディアを組み合わせた設定をすることで、出稿計画の作成・改善が実現できる。

【関連記事】
野村総研とドコモ・インサイトマーケティング、昼間人口ベースの富裕層エリアデータを提供へ
野村総研、デジタル施策の効果分析サービス「InsightSignal‐デジタルパネル」リリース
日本の2013年度アプリ経済市場規模は約8,200億円に【グーグル・野村総研調査】
鍵を握るのは日本型データサイエンティストの登場・活躍か【野村総研・ITロードマップ発表】
ビックカメラと野村総研、O2O促進スマホクーポンアプリ試験配信スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/26 14:30 https://markezine.jp/article/detail/29578

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング